1. ホーム
  2. > 別冊 暮しの手帖
  3. > おいしく食べきる料理術

別冊 暮しの手帖のご案内

おいしく食べきる料理術

おいしく食べきる料理術  在庫有り

「食品ロス」とは、まだ食べられる食品が廃棄されてしまうこと。日本全体の食品ロスのうち、約半分が家庭から出ているそうです。では、実際にどんな食品が、なぜ捨てられてしまうのでしょうか。この本は、663名にお答えいただいたアンケートによって、その実情を知ることから始めました。そして、食べものをムダにしないための楽しく豊かな台所術と129品のレシピを、7人の人気料理家に教わりました。

[目次]

この本のご紹介

663名から寄せられた声をご紹介します
わたしたちの台所

7人の料理家の習慣と工夫
料理上手の台所術
有元葉子さん/飛田和緒さん/荻野恭子さん/上田淳子さん 
こてらみやさん/大原千鶴さん/ワタナベマキさん

簡単ひと手間でおいしさ長持ち
下ごしらえと作り置き
有元葉子さん
アジの一夜干し/アジとじゃがいものフリット/アジとじゃがいものサラダ 
切り身魚のみそ粕漬け/切り身魚の粕漬け焼き/肉そぼろ/ひき肉ドレッシングのサラダ/たっぷり野菜のドライカレー/イワシの梅煮/きのこの佃煮/牛肉のしぐれ煮

飛田和緒さん
しらす干しのオリーブ油漬け/しらす納豆/干しきのこ/干しきのこ入り炊き込みご飯/干しきのこと豚肉の中華風炒め/アジの酢じめ/アジの酢じめのサラダ/きらすまめし/イカの一夜干し/干しイカのあぶり/干しイカとセロリの塩炒め/じゃがいものペースト/ポテトサラダ

荻野恭子さん
アンチョビ/アンチョビパスタ/肉の塩スパイス漬け/炸里脊/棒棒鶏/玉子スープ/魚介の塩スパイス漬け/エビのグリルメキシカン/イカと野菜のモロッコ風タジン/アジのつみれ/さつま揚げ/アジのつみれ汁

上田淳子さん
肉と魚の塩糖水漬け/豚ロース肉のソテー 焼きトマト添え/タラの中華あんかけ/タイのアクアパッツァ風/鶏手羽元のクリームシチュー/メカジキのツナ/長いもとツナのうま煮/ミートローフ

こてらみやさん
半干し野菜/半干し野菜のミックスナムル/チャプチェ/しょう油ミンチ/汁なし担々麺/酸辣湯/冷凍しょう油鶏、冷凍塩鶏/鶏肉と野菜の包み焼き/カオマンガイ/いろいろきのこのラグー/鶏肉のきのこクリーム煮

大原千鶴さん
魚の塩焼き/焼きサバの甘酢マリネ/焼きサバのおつゆ/タイのそぼろ混ぜご飯/豚肉の酒塩ゆで/さつま汁/アイスバイン/サバ豆腐/小松菜の桜エビ炒め

ワタナベマキさん
ミックス野菜の塩もみ/コールスロー/サブジ/塩牛肉/コンビーフ/コンビーフとキャベツマリネのマスタードサンド/コンビーフとじゃがいものペッパー炒め/塩豆腐/焼きれんこんの白和え/塩豆腐チャンプルー/魚のみりんしょう油漬け/メカジキの竜田揚げ/サワラと九条ねぎのしょうが蒸し

COLUMN1:おいしい保存の小さなアイデア

稲垣えみ子さんの小さな食卓

栄養もムダにしない
最適調理法で作る絶品レシピ
女子栄養大学短期大学部 豊満美峰子教授/料理研究家 脇 雅世さん

COLUMN2:次の日もおいしい 変身おかず

今まで捨てていた そこがおいしい!
端まで使いきりレシピ
有元葉子さん
<キャベツの外葉> キャベツメンチ
<セロリの葉> セロリとホタテのサラダ

飛田和緒さん
<キャベツの外葉> キャベツの外葉でポタージュ
<ダシがらの昆布> 昆布と牛肉の甘辛炒め
<香菜の根> 香菜とワカメのスープ

荻野恭子さん
<鶏の皮> 鶏の皮と大根のサラダ
<茶がら> 茶がらのふりかけ/茶がら薫製ベーコン

上田淳子さん
<長ねぎの青い部分>長ねぎと牛肉のしぐれ煮
<セロリの葉> トスカーナ風野菜の煮込み

こてらみやさん
<サケの皮> サケのバルサミコしょう油焼き
<イカのワタ> イカワタの塩辛
<大根の皮> 大根の皮のハリハリ漬け

大原千鶴さん
<なすの皮> なすの皮のきんぴら
<ブロッコリーの茎> ブロッコリーの茎 搾菜風
<じゃがいもの皮> じゃがいもの皮チップス
<とうもろこしのひげ> とうもろこしのひげと実の天ぷら

ワタナベマキさん
<ピーマン(ワタごと)> ピーマンの丸ごと煮
<椎茸(軸ごと)> 椎茸の鶏つみれ汁

家にある半端食材をフル活用
在庫リセットの始末料理

有元葉子さん
半端野菜のかき揚げ

飛田和緒さん
半端野菜のスープ/半端野菜のトマトポタージュ

荻野恭子さん
がんもどき/パジョン

上田淳子さん
自家製合いびき肉のカレー/揚げ高野豆腐/芽ひじきのサラダ

こてらみやさん
ベジパテ/ベジパテカレー

大原千鶴さん
グリーンカレー

ワタナベマキさん
朝のパスタスープ/朝のクラムチャウダー

COLUMN3:わが家の漬け床

おいしく食べきる料理術

この本を取り扱っているオンラインショップ


暮しの手帖社 今日の編集部