1. ホーム
  2. > Blog手帖通信

暮しの手帖87号「川の学校の子どもたち」

2017年04月25日

川の学校DSC_0065

自宅から電車、飛行機、車を乗り継いで約4時間。
私たちが向かったのは、徳島の美波町。
ここに、日本中をカヌーで旅した、作家でカヌーイストの野田知佑さんをして、「日本一美しい」と言わしめる川があると言います。
なぜ、そんな場所に『暮しの手帖』編集者が?
野田さんが17年続ける、「川の学校」に取材するためなのです。
川の学校の約束は二つ。
川で遊ぶこと、なにをやってもいいということ。
安全を守るため以外には大人はいない、子どもだけの世界で2泊3日のキャンプを年間5回行います。
川と戯れながら、生きる術を学び、立派な川ガキへと育っていく。
野田さんは言います。
「川には普通の学校にはないものが、みんなあるんだ」
それは、子どもたちの笑顔やくたくたに疲れ果てた表情を見ればわかります。
あぁ、もっとはやく川の学校を知っていれば……。そう思わずにはいられない取材でした。

今回、私たちは、徳島県・日和佐川での「川の学校」を取材しました。
3日間の取材で延べ1000枚ほどの写真を撮影し、掲載できたのは約30枚。でも、このまま秘蔵にしてはもったいない。
ということで、アウトドアブランド「モンベル」に特別協力いただき、ごく一部ではありますが、未掲載の写真を含めて写真展を行うことになりました。
展示場所は下記の2カ所となっております。

・モンベル東京京橋店:4月22日(土)~30日(日)
・モンベル神戸三宮店:5月6日(土)~14日(日)

A1判の大きなサイズでプリントしております。ぜひ足をお運びいただき、子どもたちの笑顔と美しい自然をご覧ください。(担当:矢野)

bl_IMG_4945

暮しの手帖87号「今日の買い物 熊本へ」

2017年04月24日

bl_DSC_0021

 朝日に照らされたうつくしい熊本城にはじまり、ユニークなディスプレイが印象的なアクセサリー店や、人とワインとをつなぐ自然派ワイン店の店主のおはなしなどなど、熊本の魅力的な人やお店をご紹介している今号の「今日の買い物」。
 連載の執筆者である岡本仁さんに熊本について書いていただくのは、実は、今回が2回目。1回目に書いていただいたのは、昨年の3月末でした。岡本さんから原稿をいただき、レイアウトも仕上がり、あとは取材先へ確認をとるだけ……という段階で、熊本地震が起きたのです。
 地震の被害でたいへんな状況にもかかわらず原稿のお返事をくださる取材先もあり、予定通り記事を掲載したいという思いもありましたが、岡本さんと相談をした結果、地震後の熊本に足を運んで再取材をしたうえで、あらためて掲載をしよう、ということになりました。
 今年の2月、二度目の熊本取材が終わり、誌面構成の打ち合わせをしていたときのことです。岡本さんは「地震については、あまり書かないと思います」といいました。地震後、いくども熊本に足を運び、街を歩き、言葉を交わすなかで、熊本で暮らす人々はみな、前を向いていると感じたのだそうです。だから、いまのその空気を伝えたい、と話してくれました。
 後日、岡本さんから届いた原稿には、こんな言葉がありました。
「前に進む熊本は、これまで以上の魅力を持った街に、きっとなるだろう」
 いきいきとした人と場にあふれたいまの熊本を、誌面を通して感じていただけたらと願っています。(担当:井田)

別冊『家事じょうずの暮らし』から

2017年04月21日

bl塩山DSC_0021

bl_川田DSC_0024

掃除、洗濯、料理……。毎日のことだから、ストレスなく、スムーズにしたい。“家事じょうず”な方々の家事を見てみると、自分らしく工夫することが、家事の楽しさなのだと知りました。家族の形や住まいの場所、それぞれの性格によって、家事の仕方も十人十色。11家庭15人の方の工夫には、いますぐ真似できることがたくさんありました。
子どもの服の泥汚れには「ミヨシの粉せっけん」と古歯ブラシを(110頁)、買ってきたキャベツは2種類に切り分けてタッパーで保存(124頁)、何人もの方がされていた「ウエス(古布と切ったもの)」での掃除など、取材後すぐに実践しました。ちょっとした工夫の積み重ねが、家事を楽しいものに変えてくれる。きっと、みなさまの家事の負担を軽く、そして、楽しく変えてくれる工夫も見つかることと思います。
写真は、取材した料理家の塩山奈央さん(都内在住、家族3人暮らし)。「ルールを作らないのがルール」という肩の力を抜いた心地よい姿に、気持ちが楽になりました。(担当:小林)

別冊『家事じょうずの暮らし』

2017年04月18日

中里DSC_0042

発売中の別冊『家事じょうずの暮らし』の取材がはじまった昨年の秋。そのころのわたしは、育休を経て職場に復帰したものの、日々の家事と育児、仕事に追われ、すべてが中途半端でうまくいかないな……と落ち込む毎日が続いていました。
そんなときにうかがったスタイリストの中里真理子さんの取材で、印象に残る言葉がありました。
「掃除に使う布には、古くなった子ども服やカーテンを小さく切って使っているんです。好きな柄や愛着のある布だと、掃除をするのも楽しくなるから」
ただもったいないからという理由だけでなく、楽しむため。こういう小さなことの積み重ねが、心にほんの少しのゆとりを与え、豊かな暮らしにつながるんだなぁと、すとんと納得のいった瞬間でした。
また、料理家のセトキョウコさんの取材では、家事はもちろんのこと、子どもとのつきあい方にまつわるヒントをたくさんいただきました。
「子どもには、できる限り『ダメ』とは言わず、やりたいときに挑戦させるようにしています」とセトさん。そのためか、5歳の和玖(わく)くんは、お手伝いが大好き。ガラスの器やカトラリーを慣れた手つきでフキンで拭き、食器棚にしまっていきます。自分は「危ないから」という理由で、子どもの好奇心にストップばかりかけていた気がするなぁ、と子どもとの向き合い方を見直すきっかけになりました。
家事はふしぎです。仕方なく向き合っているととても面倒くさく感じますが、楽しさを見出すことができれば、どんどん工夫したくなるものでもあります。
本書が、日々の家事を楽しむためのきっかけになればと願っています。(担当:井田)

セト&マスミツDSC_0046

詳細は下記のリンクよりご覧いただけます。
http://www.kurashi-no-techo.co.jp/bessatsu/e_2096.html

暮しの手帖87号「汁飯香のある暮らし」

2017年04月13日

しるめしDSC_0072

「わが家ではぬか漬けは夏のもの」とおっしゃる土井善晴さん。
なぜですか、という質問に、「そら夏野菜がおいしい漬物やからや」というとってもシンプルなお答えが。
ぬか床をほどよく発酵させるには、1カ月ほどかかります。だからこの時季に仕込み始めるのが理想的。
「そのうちぬか床がペットみたいにかわいくなるよ」という先生の言葉を思い出しながら、生まれたてのぬか床を見守る日々です。(担当:田島)

「直線裁ちでつくる 春の はおりもの」の型紙を販売します

2017年04月11日

のん後半DSC_0083

がらりと装いが変わる春。
今号では薄手のはおりものをつくる、ソーイング企画を掲載しています。
直線裁ちのパターンなので、誌面を見ながら型紙を起こすことができますが、より気軽に手づくりを楽しんでいただけるよう、実物大の型紙を販売することにいたしました。
できるだけお求めやすいように……と考えて、ショート丈&ミドル丈両方のパターンを1枚に掲載し、送料・消費税込で800円とさせていただきました。
ご注文は、小誌87号に綴じ込んである「グリーンショップ」専用の払い込み用紙でのみ受け付けております。

限定枚数での販売となりますので、お振り込み前に在庫状況をお問い合わせください。
お問い合わせ:グリーンショップ03-5338-6018
※小誌87号の159頁に、ご注文に際しての詳細を掲載しております。

つくる前にはぜひ、はおりものをデザインしてくれたmatohu(まとう)のお二人と、俳優ののんさんのかけ合いが楽しいソーイングドキュメント「のんさんのはおりもの(153~158頁)」をご覧くださいませ。
ソーイングの基本的なコツと、洋服をつくる嬉しさに溢れた特集です。(担当:田島)

のん後半DSC_0084

bl_DSC_0022

別冊『家事じょうずの暮らし』4月14日発売です

2017年04月10日

家事じょうず広告DSC_0095

心地よい暮らしを支えるもの。
それは掃除、収納、台所仕事、洗濯などの、毎日の家事です。
4月14日発売の別冊『家事じょうずの暮らし』では、11家庭15人のお家を訪ね、自分らしい住まいと、工夫に満ちた家事を取材しました。
「“掃除の時間”は設けない」、「ものは、一定量以上増やさない」など、毎日行っていることを、ありのままに見せていただきました。
今すぐ取り入れられるヒントがたくさん詰まっています。
日々、自分なりに家事をしているけれど、これでいいのだろうか……と迷っている方に、ぜひお手に取っていただきたい一冊です。発売を楽しみにお待ちください。(担当:平田)

目次は下記のリンクよりご覧いただけます。
http://www.kurashi-no-techo.co.jp/bessatsu/e_2096.html

暮しの手帖87号「持ちより料理のアイデア集」

2017年04月07日

bl_170124_170
写真:豊田朋子

「冷めてもおいしい」「取り分けやすい」「相手の台所を使わない」など、さまざまなハードルが立ちはだかる「持ちより料理」。
わたしはいつも悩んだあげく、チャーシューや蒸し鶏など無難な定番料理を持って行ってしまうのですが、同じように「いったいなにを持っていこうか」と頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。
この企画ではそんな悩みを解消するべく、前日から仕込める絶品のマリネ料理や、大人もこどももつまみやすい巻き寿司、見た目にもたのしいデザートなどなど、食卓がぱっとはなやぐアイデアレシピを、料理家のこてらみやさんに教えていただきました。
日頃から、こてらさんが作っているという、おすすめのひと品ばかりです。
なかでも、ぜひお試しいただきたいのが「試作室から」でも作り方のコツをご紹介している「ファラフェル」です。
水でもどしたひよこ豆とパセリ、スパイスなどを混ぜ合わせて丸め、素揚げをする中東の家庭料理です。揚げたてはもちろん、冷めてもホコホコとした食感で、ひと口ほおばるとスパイスや香菜の風味が広がります。
ころんとした見た目もかわいらしいので、容器いっぱいに詰めて、ぜひお出かけください。(担当:井田)

もちよりDSC_0054

暮しの手帖87号「介護のかたち」

2017年04月06日

介護のかたちDSC_0077

「わからないことが、わからない」。
はじめて介護に直面した方々から、よくこんな言葉を耳にします。
介護保険で受けられるサービスは多岐にわたるし、そもそも介護保険のことがわからない。なにから始めたらいいのかもわからない。
選択肢がみえなくなることで、不安だけが大きくなっていく……。
そんな思いを抱いている方々に向けて、「介護が始まる前からできること」「いざ、介護が始まったらどうしたらいいか」など、基本的なことだけれど意外と知られていないと感じたことをまとめました。
後半では、実際に介護をしている方々のお話もご紹介しています。
人の数だけ介護のかたちは異なりますが、家族の介護に直面したとき、どんな悩みを抱え、どんな方法を選択してきたか。
それぞれのお話には、これから介護をする方々の助けとなる、たくさんのヒントがあると感じました。(担当:井田)

暮しの手帖87号「かき揚げに挑戦」

2017年04月04日

かきあげDSC_0041

暮しの手帖87号「かき揚げに挑戦」
身近な食材でさっとでき、食卓をぐっと豪華にしてくれる、「かき揚げ」。
おかずにもおつまみにもおやつにもなり、みんなが大好きな家庭料理のおたすけメニューです。けれど、「自宅で作るのは難しそう」、そう思われる方は多いでしょう。
かく言う私も、そう思っていました。よみがえるのは、油の中で食材がばらばらに散ってしまった、ある日の苦い思い出……。

でも、「おいしいかき揚げを家で食べたい! かき揚げをさっと揚げられる人になりたい!」
私は諦めきれず、料理家の上田淳子さんに、「失敗知らずのかき揚げレシピ」の考案をお願いすることに。数日後、打ち合わせのためにお宅に伺った私に、上田さんは、定番から旬の食材を使ったかわり種のかき揚げまで、計12品のレシピをご提案くださいました。
明快な理論に裏打ちされた、シンプルなレシピ。「4つの秘訣を押さえれば、かき揚げはまったく難しくありませんよ」と上田さん。確かに、簡単そうです。

それでも「本当に、初めてかき揚げを作る人でも、うまく作れるかしら……」と気を揉んでいると、そこに「ただいま~」と上田さんの双子の息子さん、和範さんと将範さんが帰ってきました。
食べ盛りの20歳、揚げものも大好きだそうです。お二人の姿に、私ははっとひらめいてお願いしました。
「上田さん、本当に失敗知らずにおいしく作れるか、息子さんたちにこのレシピでかき揚げを試作してもらえませんか?」。本号の「かき揚げに挑戦」企画は、かくして、スタートしたのでした。(担当:島崎)

暮しの手帖87号創刊70周年記念企画

2017年03月31日

戦中・戦後DSC_0041

「戦中・戦後の暮しの記録」を募ります
“聞き書き”もぜひお寄せください

「戦中・戦後の暮しの記録」の原稿を募集します。
本号では、48年前に出版した不朽のベストセラー『戦争中の暮しの記録』の制作エピソードと、その収録作品のご紹介とともに募集を呼びかけています。
暮しの手帖社では、これから後に生まれてくる人のために、残しておきたい、残しておくべき一冊を作りたいと考えています。それが、2018年に創刊70周年を迎える記念として来夏出版予定の『戦中・戦後の暮しの記録』です。ふたたび戦争をくり返さないためにも、みなさまにご協力いただきたいのです。
今年で終戦から72年が経ちます。いまやほとんどの世代が、戦争を知らない時代になりました。ですから、「戦中・戦後の暮し」について、ご自身の体験を綴るのはもちろん、戦後生まれの方なら、“聞き書き”をしていただきたいのです。
ご家族やお知り合いが体験された、当時の様々な話を、ぜひお聞きになってください。そして、文章にまとめてお寄せください。
48年前も同じように読者に原稿を募り、『戦争中の暮しの記録』を編み上げました。今回は戦中の記録に加え、終戦直後からしばらくの間の「戦後の暮しの記録」も募集いたします。
敗戦の虚無感と、瓦礫のなかから、人々はいかに立ち上がり、何に希望を見出し、どうやって暮らしてきたのか。私たちは、そうした記録も残しておきたいと考えています。
どうか、ふるってご応募ください。(担当:村上)

応募フォームはこちらから

暮しの手帖87号「今泉さんの台所改造計画」

2017年03月30日

台所改造計画DSC_0060

「引っ越してしばらく経つけど、散らかっているし、台所の使い勝手がねぇ……」
料理研究家の今泉久美さんと雑談をしていると、驚きの言葉が飛び出しました。
「え、料理のプロでもそんなことがあるの??」
以前お住まいだった家の台所の印象は、とにかく広く(約10畳のダイニングキッチン)、置かれている家具の役割が明確である、ということ。
さすが料理のプロだと感じるアイデアがたくさんありました。
さて、今の家はどうなのだろうか。覗かせていただく。
散らかった印象はないものの、確かに以前よりも使い勝手はよくなさそう。
でも、今泉さんの頭の中にはたっぷりのアイデアが。
そこで収納のプロ、整理収納アドバイザーのすはらひろこさんと、今泉さんの「理想」をかたちにするために動きました。
打ち合わせのたびに、すはらさんからいただく、小さな、でも深く刺さる提案を積み重ねると、こうも使い勝手が変わるのか! ならばわが家も! と思わせてもらった役得な取材でした。(担当:矢野)


暮しの手帖社 今日の編集部