1. ホーム
  2. > Blog手帖通信

追悼 樹木希林さん

2018年09月19日

希林さん_DSC_0195
3世紀1号のインタビューより/1986年

小誌95号の記事「あの夏の日の写真」のために、直筆原稿と写真をご郵送くださった樹木希林さん。
久しぶりに目にしたパノラマ写真には、若き日の希林さんと内田裕也さんの姿がありました。
淡々とした調子でご夫婦の関係を語る原稿に、最初はこれって笑っていいの? と戸惑ったものの、だんだんと可笑しくなってきて、ついに声を出して笑ってしまいました。なんて気持ちがよくて、かっこいい人なんだろう!
メッセージには「誤字、送りがな よろしくお願いします 謝礼は不要です」とありました。
 
その後、原稿確認のお返事を、お電話でいただきました。
「肩書きだけど、俳優っていうのはちょっとね。役者がいいわ。文章は好きに直してちょうだい」
さらに謝礼と見本誌をお届けしたい旨を伝えると、
「みんな、色々なものを送ってくるんだけど、箱を開けてそれを分別してゴミに出してって、本当にめんどくさいのよ。いくら言っても、送ってくるの。だから、送らなくて結構です。自分で書店に行って買って見るから」

その話しぶりが本当にこりごり、という感じだったので、私も潔く諦め、お礼のハガキだけをお送りしました。封筒を開けなくていいように。

希林さん、誌面を見てくださったかなぁと気になっていた折、亡くなられたとの一報を耳にしました。あの率直で、何をお話しされてもどこかユーモアがにじむ電話越しの声が甦り、にわかには信じられませんでした。
お手紙と、ほんの数分の電話のやり取りですら感じられた清々しさ、温かさ。電話を切ったあとの、胸がいっぱいの感覚は忘れることはできないでしょう。
あのお人柄が、誌面からわずかでも伝われば、と願っています。
(掲載誌95号を、ぜひご覧ください。まもなく96号が店頭に並びます。)

樹木希林さん、力を貸してくださり、本当にありがとうございました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

暮しの手帖社 編集部
佐々木朋子

暑さも吹き飛ぶおいしさ!

2018年08月10日

アイスクリームDSC_0069

暑さも吹き飛ぶおいしさ!
(95号「まぶしい夏のアイスクリーム」)

「なに、このアイス!? 夢のようにおいしいね!!」
『暮しの手帖』のデザインを手がけてくださっている林さん(大のアイスクリーム好き)の口からこんな言葉が飛び出したのは、本特集の撮影後に、試食をしていたときのことでした。
そんな感動のおいしさのレシピを教えてくださったのは、人気焼き菓子店・メルシーベイクの田代翔太さんです。お店では販売していらっしゃいませんが、実はアイス好きという田代さん。
今回は、旅先で出合ったという「ブリオッシュアイスサンド」(イタリアでは、老若男女が頬張っているそう)をはじめ、すっきりした甘味と清涼感あふれる食感がたまらない「スイカとトマトのグラニテ」や、清々しいミントの香りが漂う「チョコレートとフレッシュミントのアイス」などなど、素材の組み合わせが絶妙な、魅惑のアイスを考案してくださいました。
どれも驚くほどかんたんなのも、うれしいところ。
ぜひ、食べたいときに気軽に作ってみていただけたらと思います。
冷凍庫で固めたアイスをスプーンで混ぜたり、グラニテを砕いているときの「シャリッシャリッ」という音を聞いているだけでも、涼やかな気持ちになりますよ。(担当:井田)

「睡眠」は現代人の必須科目

2018年08月08日

睡眠DSC_0089

「睡眠」は現代人の必須科目
(95号「快適に眠れていますか?」)
「どうも疲れが抜けない」「最近、風邪をひきやすい」
と感じる人は、少なくないでしょう。
その原因は、睡眠にあるかもしれません。

テクノロジーが進歩したのに、
楽になるはずが、どんどん忙しくなっている。
そんな矛盾を抱える現代人が時間を作るとき、
真っ先に削られるのが睡眠時間です。
みなさんの周りにも、
「昨日は徹夜でさ」とか「3時間しか寝てないよ」
なんて、寝不足自慢をする人はいませんか。

しかし、海外に目を向けてみると、
睡眠は肥満と並んで、社会人としての
自己管理能力が表れるところと捉えられています。
また、メジャーリーグや海外のサッカークラブは、
睡眠の専門家をチームに招き入れるなどして、
能力が最も発揮できる睡眠環境作りに余念がありません。

今回の取材で感じたことは、
睡眠こそ、現代人の必須科目かもしれないということと、
ちょっとした心がけで、睡眠の質は高められるということです。
その土台となるは、睡眠についての正しい知識。

睡眠研究の第一人者、白川修一郎先生に、
その睡眠の知識と暮らしに取り入れるコツを教わりました。
できることから少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。
(担当:矢野)

知る楽しさ、作る喜び

2018年08月06日

調味料DSC_0063

知る楽しさ、作る喜び
(95号「荻野恭子の自家製は愉し うちで作れる世界の調味料」)

自家製、それは私にとって、魅惑の言葉。「自家製」欲が異様に強い私は、これまで、ジャム、みそ、梅干しなどはもちろん、果てはカラスミまで、さまざまなものを「自家製」してきました。
本号からはじまった「荻野恭子の自家製は愉し うちで作れる世界の調味料」は、そんな私の趣味が高じて作ってしまった(?)連載頁です。海外の食文化に詳しい料理家の荻野恭子さんに、毎号1品ずつ(2品のときも!)、その時々の旬の食材を使った、各国の調味料のレシピを教わります。
記念すべき第1回で取り上げるのは、「豆板醤」。荻野さんが本場・中国に何度も通って習得したというレシピをご紹介します。荻野さんの現地での思い出話も楽しめる、楽しい頁です。
漠然と「これは市販品を買うもの」と思い込んでいる食べものの作り方を知るワクワク。自分の手で作り出す喜び。そして、その格別のおいしさ! まことに、「自家製は愉し」です。皆さんもぜひ味わってみてください。
(担当:島崎)

子ども時代をやり直したい!

2018年08月03日

瀬尾さんDSC_0075

子ども時代をやり直したい!
(95号「瀬尾新聞」)

「素材の味を生かす」……って、よく聞くフレーズですよね。
でも、ふかぶか考えると、それってどんなことだろう? 
あれは青葉の頃だったか、瀬尾幸子さんと二人、掘り炬燵で健康茶をすすりながら話をするうちに、ふとそんな話題になったのです。
「私はね、『キャベツを炒めるなら、きっちり4分炒めてね』ってよく言うでしょう? 『心の中の4分じゃなくて、タイマーをかけて4分ね』って」と瀬尾さん。うんうん、確かに先生はよくそうおっしゃいます。
「キャベツは、それくらいよくよく炒めると、本当に甘くて美味しくなるの。その美味しさを補う程度に、ほんのちょっぴり、塩やお醤油で味つけしてあげる。それが、素材の味を生かすってことじゃないかな」
ああ、なるほどなあ。では先生、そういうことを、理屈っぽくなく、楽しく教えてくれる取材先って、どこでしょうね?
私たちはうーむと腕を組み、そして思い当たったのが、今回お伺いした「東大駒場地区保育所」でした。
こちらの保育所は、その名の通り、東京大学駒場キャンパスのひと隅にあります。三角屋根の木造の園舎は、ひろーいウッドデッキがぐるりとめぐらされていて、そのデッキで子どもたちは給食を食べるんです。
そう、この給食こそが、今回の取材の目玉。玄米ご飯とお味噌汁、大根と豚肉の炒り煮、おひたし……そんな、なんとも渋い和食の献立なのですが、さてどんなふうに素材の味が生かされているのか、ぜひ記事でお確かめください。
給食だけではなく、みんなで泥だらけになって外遊びをしたり、デッキを雑巾がけしたり、素足で駆け回って体操したりと、とにかく子どもたちがキラッキラとしていて、なんだかうらやましい! と思った瞬間、瀬尾さんが隣でぽつりとつぶやきました。
「私もこんな保育所で子ども時代をやり直したいなあ」
先生、私も同感です。(担当:北川)

この夏、いつものなすが格段においしくなります

2018年08月01日

なすDSC_0068

この夏、いつものなすが格段においしくなります
(95号「下ごしらえで、おいしい旬のなす」)

一番好きななす料理って、なんですか?
和洋中なんでもあって、いろいろと思いつきますね。だからこそ答えに窮するほど、身近でみんなが好きな夏野菜の代表的なもののひとつといえますよね。
この間までは、シンプルに焼いて、しょうがじょう油で食べる「焼きなす」こそが、一番おいしいと思っていました。あ、あとは麻婆茄子ですね。

でも、今回の特集で、料理家の手島幸子さんに教えていただいたのは、一度火を入れてから仕上げて、さらにおいしくするという手法でした。
「下ごしらえで、おいしい旬のなす」という記事です。
マリネ、和えもの、おひたし、みそ汁……。一見シンプルだけど、いつものなす料理よりも、ぐっとおいしくて、ちょっぴり驚くくらい。この暑い夏にぴったりなお料理ばかりです。いつもとはひと味ちがう、涼やかで香りよくて、つるんとのどごしなめらか。

夏のなすの魅力である、瑞々しさと力強い味。でも、そこにはアクと苦味もある。それを下ごしらえで抑えて、さらにうま味を引き出すのだから、とってもおいしくなるわけです。
記事には、なすをこよなく愛する手島幸子さんだからこそといえる、きめ細かな、ちょっとした調理のポイントがそこかしこに散りばめられています。今回のレシピで作っていただいたら、そこにお気づきいただけると思います。そして、夏のなすをいっそうおいしく楽しんでいただけることでしょう。(担当・宇津木)

いろんな人が集う場所

2018年07月31日

水車DSC_0061

いろんな人が集う場所
(95号「水車でつくるみんなの家」)

今日は皆さんに、ある人が遺した言葉を紹介します。
「(ジグソーパズルの)ピースは一つとして同じではなく、しかもその占める位置は他のピースでは代わることが出来ない。この社会全体、人類世界をジグソーパズルの全体と見るならば、人間一人一人がどんな人であれ、その一人をも何故に捨ててよいだろうか」
これは、故人・宮嶋眞一郎さんの言葉です。宮嶋さんはクリスチャンで、学校の先生をしていた方。こんなことも仰っています。
「ジグソーパズルには格差はないのであります。色や形が違っていてもひとつひとつの価値に違いはない。これが本当の公平であり、平等ではないでしょうか。円満(の鉛筆)のように全部同じではない。あなたという人は地球始まって以来、絶対いなかったはずです。あなたという人は地球が滅びるまで出てこないはずなんです。わたくしはそう思っています」
宮嶋さんは視力を失う病気を得たのをきっかけに、1974年、長野県は小谷村に、「共働学舎」という名の共同体を作りました。皆さんのなかには、本橋成一さんが作られた映画「アラヤシキの住人たち」をご覧になって、ご存じの方も、いらっしゃるのではないでしょうか。
「競争社会より、協力社会を」。共働学舎は、そんな理念で作られた場所です。心身に不自由がある人も、そうでない人も、みんなが安心して働き、暮らせるところ。そこでの人々の暮らしは、いったいどんなものでしょう。編集部は、山道を2時間ほど歩いたところにある、「真木共働学舎」を訪ねました。
(担当:島崎)

手軽なスパイス使いを教えてもらいました

2018年07月30日

スパイスDSC_0081

手軽なスパイス使いを教えてもらいました
(95号「スパイス2種のひらめき料理」)

それは今から数ヵ月前の、うららかな春の日、わたしと編集部の平田は、料理家たかはしよしこさんが主催するエジプト塩(じお)食堂にランチを食べに行きました。
旬の素材に様々なスパイスを組み合わせて作り出す料理はまさに絶品!
「このおいしさをぜひ読者にも伝えたい!」という思いから生まれた企画です。

今回取り上げたのは、クミンとサフラン。
カレーの香りでおなじみのクミンは、家庭料理でも気軽に取り入れられているスパイスのひとつです。一方、サフランときくと、パエリヤ以外になかなか料理が思いつきませんが、みなさんはそれぞれどうお使いですか? 
教えていただいた料理は、ピーマンの肉詰めや餃子、カツオのたたきなど、食べ慣れたいつものおかずです。
たかはしさんのひらめきで、わぁ!!と感動するひと品に。
日々の夕食作りに、ぜひ取り入れてみてください。
(担当:山崎)

この面白き日常

2018年07月27日

ホリデーDSC_0050

この面白き日常
(95号「ホリデー」)

巻頭企画「ホリデー」は、もうご覧いただけましたか?

このホリデーは、写真家・刑部信人さんが、
個人的に撮り続けている日本の休日の風景です。

そう、風景写真。みなさんもよく撮る、あれです。
でも、ページをめくりながら、
「ん? なんだ。普通の風景写真じゃないか」
と感じつつも、ちょっと違和感を覚えた方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

では、もう一度、写真をじっくりご覧ください。
      ・(写真)
      ・
      ・
どこに違和感を覚えるのか。
そのモヤモヤに気づけた方は、
立派な“ホリデー”的視点をお持ちです。

そして、そんな視点を持っているあなたは、
すでにホリデー写真家でもあるのです。
日々、何気なく撮り貯めた写真を見返してみてください。
きっと“ホリデー”な写真が眠っているはずです。

「ホリデー」は96号から連載としてスタートします。
この面白き日常の切り取りを、どうぞお楽しみに。
(担当:矢野)

今年も一度きりの夏が

2018年07月26日

あの夏の日DSC_0074

●今年も一度きりの夏が
(95号「あの夏の日の写真」)

5月のある日、私の元に、一通の茶封筒が届きました。
裏返してびっくり……。差出人の名は、「樹木希林」。そう、映画などでご活躍の、役者の樹木さんです。春から働きはじめた新米編集者であるわたしは、急ぎお礼の手紙をしたためて、久々に目にしたパノラマ写真と直筆原稿を、ドキドキしながらお預かりしました。
本企画はこんなふうに集まった、忘れられない「あの夏」をぎゅっとつめこんだ頁です。

寄せてくださった写真に写るのは、仕事、遊び、旅……とそれぞれの思い出。
でもそのいずれにも、
「この海風の気持ちよさ、分かるなぁ」
「パフェ、うれしいよねぇ」
と、どこか自分にも身に覚えのあるような……。若いひとには若いひとの、長く生きたひとにはそのひとなりの忘れられない夏があり、記憶の奥深くにあるそれが、呼び起こされるのでしょうね。

それにしてもみなさん、いい顔です。どの季節も一度きりなのに、夏の思い出はとびきり強く刻まれる気がします。
皆さんの「あの夏」は、どんな光景でしょうか?
(担当:佐々木)

『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』 掲載者発表と刊行のお知らせです。

2018年07月25日

戦中DSC_0106

『暮しの手帖』創刊70周年記念出版
『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』
掲載者発表と刊行のお知らせです。

本日、このお知らせをする日を迎え、万感胸に迫るものがあります。
 昨年3月より始めた「戦中・戦後の暮しの記録」の原稿募集に、2390編もの手記が寄せられ、ようやく一冊にまとめることができました。
本日発売の最新号『暮しの手帖95号』にて、掲載者を発表しています。また時を同じくして、書籍『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』も刊行いたしました。
「あなたは、あの日々をどう生きていましたか?」歴史の本には残らない、個人の記録である原稿や写真、イラストの数々を、ぜひ書籍でご覧ください。どの手記にも、「もう二度と戦争をしてはならない」という切々とした祈りがあり、これまでの制作期間は、みなさまから託されたいのちの贈りものを紐解くような日々でした。
戦争をくり返さないために、これから後に生まれてくる人のために、この一冊を作りました。ひとりでも多くの方に読み継がれますように。(担当:村上)

戦中02DSC_0093

この本の目次は下記のリンクよりご覧いただけます。
http://www.kurashi-no-techo.co.jp/books/b_1184.html

こんなに暑い日には

2018年07月25日

ビール01DSC_0055

こんなに暑い日には
(95号「ビールを飲みながら作るおつまみ」)

暑い、暑い、暑い。連日猛暑ですね。
なんだってこんなに暑いんだろう、と恨めしい気持ちになりつつも、「夏のよいところってなにかしら??」と敢えて前向きに考えてみたところ、「ビールがおいしいこと!」と思いつきました。
そこで、本号では、ビールによく合うおつまみをご紹介します。メニューを考えてくださったのは、料理家の高山なおみさんです。
「ビールを飲みながら作る」がコンセプトですから、ささっと作れる、簡単なものばかり。そして、スパイスやハーブの使い方が絶妙にうまい高山さんのこと、どのひと皿にも新鮮な驚きがあります。
なかでも私のおすすめは、ピリリと辛いアフリカ風のミックススパイスをまぶしていただく、焼きとうもろこし(「とうもろこしのアフリカ帰り」)。それから、「オニオン・リング」も絶品でした。これは衣の材料の配合に秘密が隠されていて、レシピ通り作っていただければ、どなたでもカリッカリ、サクサクに揚がること間違いなしです。
さあ、今日は仕事はほどほどで切り上げて、おいしいおつまみをつまみながら、よく冷えたビールで「乾杯」といきましょう!
(担当:島崎)

ビール02DSC_0056


暮しの手帖社 今日の編集部