1. ホーム
  2. > Blog手帖通信

・動画「フレーベルの星」の折り方

2016年11月25日

11月25日発売の『暮しの手帖』85号で特集した「フレーベルの星」(1-5頁)の折り方の動画を公開しております。誌面とあわせてご活用ください。

・終了:花森安治の愛弟子による『暮しの手帖』の舞台裏、涙と笑いのうちあけ記・9月16日(金)トークイベント・大阪

2016年09月09日

こんにちは。今日も『とと姉ちゃん』では、「商品試験」にまつわることで『あなたの暮し』編集部は大わらわですね。さて、実際の『暮しの手帖』ではどうだったのでしょうか。私たち現編集部にとって大先輩にあたるOBの小榑(こぐれ)雅章さんの著書、『花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部』には、当時の編集部で巻き起こっていたさまざまな出来事が詳しく綴られています。
小榑さんが暮しの手帖社に入社されたのは、名物企画「商品テスト」(実際の企画タイトルはこれです)が、対象を日用品から家電製品へと本格化していく直前の、1960年のことでした。小榑さんによると、この年の公募は、テスト要員の人手が不足したためだったそうです。
本書では、小榑さんが入社試験で社長のしずこさんに煙草を買いに行かせたという衝撃のエピソードから、「商品テスト」が本格化していった流れ、手芸、料理、工作、随筆といった記事の作り方、ついには『暮しの手帖』が100万部にせまる部数へと成長したその秘策、社員旅行やさまざまな行事でのこと、10年目に辞表を提出してしまったときのことまでが語られています。また、編集長・花森安治の言葉を逃すまいと自ら録音していたテープを起こし、編集会議での様子、叱責の言葉、ジャーナリスト論など、編集長・花森の貴重な一言一句をそのままに記しています。(担当:村上)

下記のイベントは終了いたしました。
●トークイベントのお知らせ 9月16日(金)大阪
隆祥館書店にて『花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部』の発刊を記念し、トークイベントを開催します。小榑雅章さんをゲストに、隆祥館書店の店長・二村知子さんと『暮しの手帖』編集長・澤田康彦が、当時の編集部についてお話をうかがいます。

日時:9月16日(金)18:00 開場 18:30 開演
会場:隆祥館書店 5階多目的ホ-ル
住所:大阪市中央区安堂寺町1-3-4
(地下鉄谷町六丁目駅 7番出口向かい)
※定員を超える場合は「ひかりのくにホール」に変更となります。
・要予約・事前チケット購入の場合の参加費2,998円(チケット代1,000円 +本代 1,998円)
※講演会のみ参加の場合は参加費2,000円
・当日参加の場合は参加費3,498 円 (チケット代1,500円 + 本代1,998円)
※チケットをお持ちでない方、当日券をお求めの方は、隆祥館書店レジにてお求め下さい。
お申し込み・お問い合わせ:隆祥館書店 TEL:06-6768-1023
主催:隆祥館書店 後援:暮しの手帖社
ホームページ:http://atta2.weblogs.jp/ryushokan/

・83号増刷のお知らせです

2016年08月12日

FB83号01

暮しの手帖社から読者のみなさまへ
いつも『暮しの手帖』をご愛読いただき、ありがとうございます。
最新号の83号は大変なご好評をいただき、全国の書店およびネット書店での完売が続出しております。心よりお礼を申し上げますとともに、みなさまにはご入手しにくい状態が続いておりますこと、お詫び申し上げます。
ひとりでも多くの方々のお手元に最新号が届きますようにと、このたび増刷をいたしました。できあがりは8月末、それから順次、各書店に再入荷される予定です。もうしばらくお待ちいただけましたら幸いに存じます。お求めの際は、ぜひ、お近くの書店にて、ご予約をお願い申し上げます。
なお、83号以外のバックナンバーにつきましても、弊社の在庫が少なくなって参りました。こちらは、「在庫切れ」とともに販売は終了となりますので、ご了承ください。
引き続き『暮しの手帖』をどうぞよろしくお願い申し上げます。

トークイベントシリーズ<暮しの手帖のつくりかた>開催

2016年06月22日

日ごろ『暮しの手帖』の制作にご協力いただいている先生やスタッフをゲストに迎え、本誌編集長の澤田が聞き手となって、記事づくりの舞台裏や素顔についてうかがう、メイキング・トークイベントシリーズをジュンク堂書店池袋本店にて、数回にわたり開催いたします。詳しくは、ジュンク堂書店 池袋本店にお問い合わせください。

第一回 「あっこ先生のおいしいお話」
ゲスト:坂田阿希子さん(料理家)
7月25日発売の『暮しの手帖』83号の「真夏の麺料理」でご協力いただいた、料理家の坂田阿希子さんに、記事づくりの裏話はもちろん、坂田さんが最近つくったあの料理、気になる料理……、聞いているだけでお腹が空いてくるような、おいしいお話をうかがいます。

日時:2016年8月4日(木)19:30~21:00(19:00開場)
※イベント終了後、サイン会を予定しております
会場:ジュンク堂書店池袋本店4F 喫茶スペース
定員:40名(事前予約制)
料金:1,000円(ドリンク付き)
お申し込み・お問い合わせ:ジュンク堂書店 池袋本店1階案内カウンター(電話予約可)
電話:03-5956-6111
ホームページ:http://honto.jp/store/news/detail_041000019273.html?shgcd=HB300

アルバイト募集のお知らせ

2016年06月14日

暮しの手帖社では、アルバイト(営業部アシスタント)を募集しています。ご応募をお待ちしています。
まずは履歴書(写真貼付)を送りください。
書類選考の上、面接の日時をお知らせします。

業務内容:電話対応、パソコンの入力業務、梱包・発送作業
資格:パソコン操作(Word、Excel必須)のできる方。正しい日本語で対応できる方。学生不可
時給:1,000円
時間:10:00~17:00(休憩1時間を含む)週3日程度勤務できる方
待遇:交通費支給
応募方法:履歴書(写真貼付)を下記住所宛てお送りください。書類選考の上面接の日時をお知らせします。なお、お送りいただいた書類の返却は致しませんのであらかじめご了承ください

連絡先
住所:〒169-0074 東京都新宿区北新宿 1-35-20
株式会社 暮しの手帖社 管理部小橋宛
電話:03-5338-6011(担当 小橋、岸上)
締め切り:10月31日(月)
◎採用条件の概要はこちらをご覧ください。
※WebサイトからのEメールでのお問い合わせは受け付けておりません。電話でお問い合わせください。

『三世代で着る自由な服』の展示イベント(大阪・枚方T-SITE) 

2016年06月07日

本誌82号で掲載した『三世代で着る自由な服』の企画で編集部員が実際に試作し、撮影で使用した服を展示いたします。
お近くにお越しの際には、お立ち寄りの上ぜひご覧ください。

場所:大阪府枚方市 枚方T-SITE 4F ラウンジ
アクセス:京阪電車「枚方市駅」南口より徒歩1分
ホームページ:http://real.tsite.jp/hirakata/
期間:6月7日(火)~6月30日(水)
多くの方々にご来場いただきまして、ありがとうございます。ご好評につき、展示期間が7月18(月)まで延長となっております。
デザインを監修していただいた玉井健太郎さんのブランド「ASEEDONCLOUD」の商品の販売もしております。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の上映情報について

2016年03月25日

81号「シネマ・シバヤマ」155頁にて、映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』は、TOHOシネマズ 日本橋ほか全国にて上映中とご紹介いたしましたが、TOHOシネマズ 日本橋での上映は終了しております。
現在の上映館は、公式ホームページにてご確認いただきますようお願いいたします。

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」プレサイトのお知らせ

2016年03月04日

小社創業者・故大橋鎭子(おおはししずこ)がモチーフとなる連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のプレサイトがオープンしています。大橋はドラマのヒロインのモチーフで、小橋常子という役名。女優の高橋充希さんが演じます。4月4日からスタートで、どんなストリー展開になるのか編集部員も楽しみにしています。

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」プレサイトはこちらからご覧いただけます。

連続テレビ小説 『とと姉ちゃん』

2016年01月28日

平成28年度前期連続テレビ小説で、小社創業者・故大橋鎭子(おおはししずこ)をヒロインのモチーフに 『とと姉ちゃん』が放送されることになりました。詳しくはこちらをご覧ください。
放送:4月4日(月)スタート予定 NHK総合ほか
脚本:西田征史
主演:高畑充希

73号「多仁亜さんのシュトレン」訂正文

2014年11月27日

73号にて誤りがございました。
「多仁亜さんのシュトレン」42頁の材料で、塩の分量を「大サジ1 1/2杯」と掲載いたしましたが、正しくは「大サジ1/2杯」です。
読者の皆様、ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

72号「今日の買い物」訂正文

2014年09月26日

72号にて誤りがございました。
「今日の買い物 新潟へ」76頁の下段、「丼や いし井」の文中で「白イカ」と掲載しましたが、正しくは「真イカ」です。
読者の皆様、ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。


暮しの手帖社 今日の編集部