暮しの手帖社 | 暮しの手帖86号「絵を描く編集長 花森安治」

暮しの手帖86号「絵を描く編集長 花森安治」

2017年02月09日

86_絵を描く

『暮しの手帖』の初代編集長、花森安治(1911年~78年)。
彼は、企画を立て、取材して原稿を書く、といった仕事はもちろんのこと、表紙画から誌面デザイン、はたまた細かなカットまで、雑誌作りのほぼすべてを自身で手がけました。
その絵は、かわいくてユーモラスであったかく、ときにピリッと風刺がきいている。なんだか、複雑な魅力があるのです。
こんな絵を描く花森さんって、どんな人だったのだろう? みんなの胸に、何を遺したのだろう?
編集者で小説家の松家仁之さん、スタイリストの原由美子さん、美術家の横尾忠則さんに、ご自分のなかの花森安治像について語っていただきました。
関連の特別付録は、花森の原画を生かした、2葉のポストカードです。大判サイズですので、小さな額に入れて飾っていただくのもおすすめです。

こんなおもしろい人がいたんだ。そうご興味を持っていただけたら、2月11日より世田谷美術館で始まる展覧会「花森安治の仕事――デザインする手、編集長の眼」を、ぜひご覧ください。(担当:北川)

86_絵を描く02

86_付録はがき


暮しの手帖社 今日の編集部