暮しの手帖社 | 煮込む時間は、幸せな時間

煮込む時間は、幸せな時間

2018年01月25日

煮込み01_DSC6936

煮込む時間は、幸せな時間
(92号「おいしい煮込みがひと皿あれば」)
みなさんは「煮込み料理」にどんなイメージがありますか?
おいしいけれど、たくさんの食材を下ごしらえしたり、ダシやフォンを準備する、作るのが面倒な料理?
たしかにそういうレシピもありますが、今回ご紹介するのは、食材が少なくてダシいらずのシンプルな煮込みです。
教えてくださったのは、素材のおいしさを引き出すのがお上手な、料理家の冷水希三子さん。
1時間ほど火にかけるので時間はかかりますが、発想を変えれば、その間は手間をかけなくても時間が勝手においしくしてくれます。
わたしは試作中、鍋から出る湯気であたたかくなった部屋の中で、余裕を持って副菜を作ったり、のんびりと本を読んだりしながら過ごし、「ああ、料理を作るって幸せだな」としみじみと感じました。
普段はパパッと作ることが多いという方にも、煮込み特有のゆったりとした時間を味わっていただけたら幸いです。
今回は4つの煮込みと、それぞれに合うサイドメニューも教えていただきました。
この組み合わせだからこそ味わえるおいしさがあるので、ぜひ献立で作ってみてください。
とっても洒落て見えるので、おもてなしにもおすすめですよ。(担当:平田)

煮込み02_DSC6941


暮しの手帖社 今日の編集部