暮しの手帖社 | 暮しの手帖86号「オーブン・レッスン」

暮しの手帖86号「オーブン・レッスン」

2017年02月03日

86_オーブン01

私の家にはオーブンレンジがありますが、オーブンを使うのはグラタンやケーキを焼くときくらい。
もっと使いこなしたいと思いつつ、オーブンとの付き合い方が、よくわかっていませんでした。
そんな悩みを料理家のワタナベマキさんにお伝えしたところ、「野菜も肉も魚介も、オーブンで焼くとうま味が凝縮されて、おいしいですよ。焼いている間は手も目もはなせるので、洗い物だってすませられます」と教えてくださいました。
誌面でご紹介しているレシピのほとんどは、予熱をしている間に食材を切り、下味をつけて、あとは焼くだけ。
つくるのがほんとうにかんたんなものばかり(でも、ごちそうに見えます!)なので、これまでオーブンをあまり使ってこなかったことが、もったいないような気持ちになりました。(担当:井田)

86_オーブン02


暮しの手帖社 今日の編集部