暮しの手帖社 | 凛とした女の子におなりなさい

  1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 凛とした女の子におなりなさい

単行本のご案内

凛とした女の子におなりなさい

凛とした女の子におなりなさい  販売終了

阿久悠さんが、日本人として忘れてはならない、
失ってはならない心情を、詩に綴ってくださいました。
昭和、平成を代表する作詞家の集大成といえる一冊です。

[目次]

まえがき 暮しの手帖と阿久悠さん

阿久悠傑作選1
1955年のテネシーワルツ
2005年のテネシーワルツ

日本人らしい人1  縁側のご意見番

日本人らしい人2  母は父の専属通訳

日本人らしい人3  毎日が正装の先生

日本人らしい人4  おせっかいな案内人

日本人らしい人5  少年が憧れたおとなの男

日本人らしい人6  窓辺で本を読む親

日本人らしい人7  かつてあったやせがまん

日本人らしい人8  凛とした女の子におなりなさい

日本人らしい人9  少年はみな はにかみだった

直筆原稿 凛とした女の子におなりなさい

阿久悠傑作選2
“友達のような”が失敗だった

阿久悠傑作選3
時代おくれの新しさ

阿久悠傑作選4
時代を超えた歌たちよ

解説  言葉の包容力
都倉俊一

あとがき  お礼
深田雄子


暮しの手帖社 今日の編集部