1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 気ぬけごはん2

単行本のご案内

気ぬけごはん2

気ぬけごはん2

『暮しの手帖』で連載12年目を迎えた、人気料理家・高山なおみさんの料理エッセイ「気ぬけごはん」第2集です。
高山さんの暮らしから生まれたふだん着感覚の料理が「気ぬけごはん」。
肩の力をぬいて作る料理には、ほっとするおいしさがあります。
本書は東京から神戸へ、そしてひとり暮らしへと変化を迎えつつ綴ったエッセイに、120品あまりのレシピが込められた贅沢な一冊です。

[目次]

ヨーグルトの冷たいスープ&冷やだし豆腐ご飯/気ぬけアイスカフェ・ラテ/ちくわの天ぷら蕎麦/枝豆と鶏肉の炒め物/自家製アジの干物/桜大根/ヤンソンさんの誘惑/韓国風干しダラのスープ/カレー・ドリア/練りきなこ/果物満タンゼリー

ふきの若葉みそとタンポポの白和え&春摘みヨモギ茶のゼリー/初夏のヨモギのお焼き/焼きそばスパゲティ/刺し身こんにゃくワカメ/北欧風鯖ライス/大根入りオムライス/栗ご飯&栗の皮茶/なめこ入りきのこスパゲティ 

ヌテラ/スパゲティのオムレツ/じゃがいもとにんじんのガレット/昆布じょうゆ/カンタン豆乳プリン/南の島カレー/マッシュポテトとかぼちゃのコロッケ/新じゃがいもの和風ガレット/平目のヅケ丼/夏の炊き込みご飯4種&昌太郎君の焼豚 

色玉麩のニョッキ風/続・タミゼ クロイソの打ち上げ料理/白菜漬けの豚しゃぶ/クリスマスの鍋焼きチキン/ゆで大豆のマッシュポテトもどき/いもペンネ/かぶの鍋蒸し炒め&自家製マヨネーズ/スパゲティのグラタン

— ここから神戸 —

茶節/トマトとしらすの冷やし中華/ウズベキスタン風肉じゃが/魚の煮汁の炊き込みご飯/極細もやし炒め/絵描きの友人のチャーハン/オイルサーディンのオイルのパスタ/干ししいたけのスパゲティ/下仁田ねぎじょうゆ/神戸風おでんの三変化/チートスのアフリカ帰り/冬の冷麺/ハンペンとお麩のグラタン

ドライフルーツ入りヨーグルト/キムチ焼きそば/らっきょう漬けの酢の物&お手軽ちらし寿司/野菜たっぷりの薄焼き/ハンバーグのメンチカツ/天かす入りいり豆腐&割干し大根のハリハリ漬け/ご馳走ミートソースのグラタン/ピーマンのじゃこ炒め/手羽先とじゃがいものチゲ鍋風/ひろみさんのお好み焼き 

みっちゃんのケチャップチキン/じゃがいも入りじゃこと青じそのパスタ/気ぬけ雑炊/韓国風大豆ご飯のおむすび/オムそばめし/ぶっかけ冷や奴/山ウドのきんぴら&きんぴらとアスパラガスのフジッリ  

なすのフライ&なすの皮の即席しば漬け/餃子の皮入り焼きそば/だし昆布入りひじき煮/お揚げさんとズッキーニの炊いたん/鍋焼き黄金ポテト/豆苗のにんにく炒め/セイロ蒸し野菜3種

闇タコ焼き/ソースオムライス&ミートソースのナポリタン/ひろみさんのピェンロー&冬を惜しむ鍋続・ピェンロー/ころころおつまみ/アボカドやっこチャイナ/ブリのごまヅケ/兄の味付け卵/メロンの青いところのサラダ/
高級ランチパック/ちくわの磯辺揚げもどき

夏野菜のもずく酢かけ奴/なすとズッキーニの焼きそば/かぼちゃととうもろこしのポタージュ/カラスガレイの白みそ漬け/赤かぶ漬けもどき/風邪っぴきのヨーグルト/謝肉祭のカレー&イカスミリゾット/鯖のマリネ

[著者]

たかやま なおみ
1958年静岡県生まれ。料理家、文筆家。レストランのシェフを経て、料理家になる。
飾らない暮らしのなかで生み出される料理と文章は親しみ深く、文筆家としても高い評価を受けている。近年は、絵本作りにも取り組み、活躍の幅を広げている。
著書に『帰ってきた 日々ごはん』シリーズ、『本と体』(アノニマ・スタジオ)、『料理=高山なおみ』(リトルモア)、『ロシア日記』、『ウズベキスタン日記』(新潮社)、『自炊。何にしようか』(朝日新聞出版)など多数。
絵本に『どもるどだっく』(ブロンズ新社)、『たべたあい』、『それから それから』(リトルモア)、『ほんとだもん』(BL出版)、『くんじくんのぞう』(あかね書房)などがある。

『気ぬけごはん』

気ぬけごはん2

この本を取り扱っているオンラインショップ


暮しの手帖社 今日の編集部