1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部

暮らしのヒント集

“<暮し>という日本語が好きなのです。美しいとおもいます。/いくつにもたたまれ、しわだらけになり、手あかにまみれた千円札、あれをじっとみていると、これをたたんだりのばしたりしてきた、大ぜいの人の指が、目にうかんできます。たのしそうな笑い声や、身を切られるようなため息が、きこえてきます。うすぐらい灯の下で煮えている食べもののにおい、青空にひろがってゆく石けんのにおい、がにおってきます。/<暮し>という言葉には、そんなふうな、あたたかさ、せつなさがこめられています”


暮しの手帖社 今日の編集部