1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部

暮らしのヒント集

“雑誌作りというのは、どんなに大量生産時代で、情報産業時代で、コンピューター時代であろうと、所詮は<手作り>である、それ以外に作りようがないということ、ぼくはそうおもっています。……ぼくは、死ぬ瞬間まで<編集者>でありたい、とねがっています。その瞬間まで、取材し写真をとり原稿を書き校正のペンで指を赤く汚している、現役の編集者でありたいのです。……”


暮しの手帖社 今日の編集部