1. ホーム
  2. > 出版サービス室
  3. > 出版サービス室便り

「結び雛」

2018年02月26日

hibi2018.2.23
お客さまより「結び雛」のかわいらしい手作りストラップをいただきました。
紐の結び目の向きをかえて女雛と男雛を表し、五色の玉は京の都を表しているそうです。
手作りのお雛様に出版サービス室が明るくなりました。

屋根の雪おろし

2018年01月29日

hibi180131

東京に大雪が降ってから一週間が過ぎましたが、北新宿にはまだ雪が残っています。
屋根に積もって凍っている雪を、背の高いスタッフの手を借りて落としてもらいました。
今週も雪の予報が出て、まだまだ寒さが続きそうです。みなさまお気をつけください。

奈良のおみやげをいただきました

2017年05月25日

hibi h290525
忙しい午後、かわいらしいおみやげをいただきました。
鹿の子のやさしい眼差しに癒され、ほっと一息いれました。

お花見の季節ですね

2017年04月07日

hibi170407
近所の神田川にお花見に行ってきました。
毎年桜の季節になると、お昼休みにみんなででかけるのが恒例となっています。
今年は、満開にはあと少しでしたが、いいお天気で足取りも軽やか。
すこし歩くので、お弁当を食べる時間は短くなってしまいますが、なごやかなひとときです。

ひなまつり

2017年03月03日

hibi170303
お客さまに手作りのおひな様をいただきました。
貝に衣を着せた貝雛です。やさしいお顔で見守ってくれているようです。

世田谷美術館

2017年02月14日

hibi160210-4

2月11日から始まる「花森安治の仕事」展のオープニングを前に、
内覧会に行ってきました。
寒い中、たくさんの方が来てくださり、展示も見ごたえのあるものでした。
世田谷美術館は、砧公園のなかにあります。
今はまだ冬の景色ですが、もう少しあたたかくなると公園が色づいて、
道のりも楽しんでいただけると思います。

りんごの便り

2016年12月21日

%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%943

お世話になっているところから、今年もりんごを送っていただきました。
年末進行で、毎日、張りつめた空気が漂っていた部屋に、りんごの香りが爽やかです。
今年も、あと少し。それぞれが一年の区切りをつけるべく、仕事に励んでいます。

木枯らし1号が吹きました

2016年11月09日

日ごとに寒くなり、今日は東京で「木枯らし1号」が観測されました。
秋から冬への陽の傾きが、夕暮れのわずかな時間、壁にくっきりときれいな影を作ってくれました。
風邪が流行っていますので、みなさま、お体にお気をつけて、あたたかくお過ごしください。
(写真は、影絵のきつねとうさぎ)

hibi-161109

目と目が合いました。

2016年10月05日

hibi161004
ドラマ「とと姉ちゃん」も最終回を迎え、あわただしかった社内も徐々に落ち着きを取り戻してきています。
お昼休みに外に出ると、ご近所さんがこちらを見ていました。

お問い合わせ 急増中!!

2016年09月05日

hibi160905
NHK連続ドラマ「とと姉ちゃん」も好評のうちに終盤となり、関連番組も次々と放映されて、その影響か、
お問い合わせが増えています。
営業と同じフロアーにあるので、忙しい営業部を見かねて、私たちが電話対応することもあります。
もちろん、自費出版のお問い合わせも増えていて、みなさまに知っていただけることを喜んでいます。

扇風機、活躍中

2016年08月03日

hibi.160803

8月に入り、夏本番の暑さがつづいています。私たち出版サービス室は、熱中症や冷えすぎに気をつけて、クーラーの他に扇風機で空気を回しています。この扇風機もだいぶ年季が入ってきましたが、よく働いてくれています。

水ようかんのおいしい季節になりました

2016年07月07日

hibi.0707
それぞれの仕事に集中しているこの部署は、会社のなかでも静かな一角です。
仕事の区切りがついた午後、いただきもので、一息いれました。
至福のひとときです。


暮しの手帖社 今日の編集部