本の製作について

製作費用はいくらくらいかかりますか?

本の製作費は仕様、部数、写真、図表の有無などによって、違ってきます。
原稿を拝見し、本の大きさ、ページ数、部数などのご要望をお聞きし、またご予算なども伺いながら、お見積りします。
当サイト「費用について」またはパンフレットに目安になる金額が出ておりますので、参考になさってください。
見積依頼フォーム」にご記入の上、送信していただければ、見積書を郵送いたします。

何部から作れますか?

基本的には、何部でも製作できます。
50部、100部、500部以上でもかまいません。
ただ、印刷にかかるまでの固定費は同じようにかかりますので、50部でも100部でも、さほど費用に差はありません。
ごく少部数をお考えの方は、ご相談ください。

原稿の書き方、入稿方法がわからないのですが?

原稿は、手書き、パソコン、ワープロのデータでもかまいません。
手書きの場合は、原稿またはそのコピーをお預りします。データの場合は、フロッピーディスク、CD-ROM、USBメモリなどの記録用メディアでいただくか、メールでお送りください。手書き原稿よりもデータの方が製作日数が短くなり、費用も軽減されます。
文字原稿の他に写真や絵、図表などがありましたら、原物をお預りします。

契約と代金の支払いはどのようになりますか?

最終的にページ数、部数、印刷方法、製本の仕様などが決まり、印刷会社に入稿する前に契約を結びます。
契約書を交わし、契約代金のおよそ半額を銀行振込みで入金していただきます。残金は、本が完成しましたら、請求書にもとづいてお振込みいただきます。
製作期間が長期にわたると予想される場合は、それがわかった時点で仮契約を結んでいただきます。

書店での販売はできますか?

書店販売のお手伝いは行っておりません。
本に定価をつけて販売をご希望される方には、こちらで本をお預りして『暮しの手帖』の誌面とウェブサイトでご紹介し、一年間、販売のお手伝いをいたします。
暮しの手帖社に直接ご注文いただき、こちらから発送いたします。

販売書籍の購入について

販売終了と掲載されている書籍を購入したいのですが

こちらでの販売は終了しておりますが、著者のほうに在庫があれば、著者から直接お求めいただける場合もございます。
ご相談ください。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

暮しの手帖社 今日の編集部