1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 「暮しの手帖」とわたし

暮らしのヒント集

“美しいものは、いつの世でも お金やヒマとは關係(かんけい)がない みがかれた感覚と、まいにちの 暮しへの、しつかりした眼と、 そして絶えず努力する手だけが、 一番うつくしいものを、 いつも作り上げる(創刊号 「自分で作れるアクセサリ」より)(「新しい婦人雑誌」は第六号でやめました。「美しい」は第二十二号でとりました)”


暮しの手帖社 今日の編集部