1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 『エプロンメモ よりぬき集』

暮らしのヒント集

髪をとく
“病気で長く寝ている人の髪をといてあげるときは、毛先の方から少しずつといて、だんだん上の方へと、とかすようにしていきます。この方が、いきなり上から下へととかすより、痛くありません。あと、消毒用アルコールを、お湯で倍にうすめて、ふいてあげます。”


暮しの手帖社 今日の編集部