1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 『すてきなあなたに6』

暮らしのヒント集

●福寿草
“福寿草が、いきなり花を咲かせるには、ほんとうに涙ぐましいわけがあるのです。(……)福寿草はほかの植物が活動を始める前に芽を出し、葉が出る前に大急ぎで花を咲かせます。というのは、ぐずぐずしていては、木々の葉っぱが芽吹いて林の中に光があまり当たらなくなってしまうから。(……)早春には、花粉を運ぶ虫はなかなか来てくれません。それに、福寿草には蜜がないのだそうです。そこで、花びらをパラボラアンテナのような形に広げて光を集め、花の中を暖かくして、寒さにふるえる虫を誘うのです。”


暮しの手帖社 今日の編集部