お客様の声

出版サービス室で本を作られたお客さまからの感想やメッセージをご紹介します。

わがふるさと回想 ―― 鳥羽市の離島・菅島

わがふるさと回想 ―― 鳥羽市の離島・菅島

著者 松村育弘 さん からのご感想

人生の節目の古稀という年に際し、私にとってこのような自分史を出版できたことは感無量です。これまで長年書き留めてきた拙稿がやっと日の目をみることができました。これも一重に出版サービス室の皆様方が本づくりにあたって、懇切丁寧に対応してくださったお陰さまです。編集過程では、綿密な資料調査と多大な校正作業の労を取っていただきました。度々のお電話によるやり取りのなかで、個人的な意見や、ときには無理な要望を聞き入れてくださり、そしてその意向をみごとに本書籍に十分反映してくださったことに、心より感謝申し上げます。

同行二人 ゴルフ88カ所巡行

同行二人 ゴルフ88カ所巡行

著者 合田隆年 さん からのご感想

工場などで工程表をよく見かけましたので、最初にいきなり「半年かかる」とお話されたのには、正直、驚きました。 家内の誕生日までに、との希望を理解くださった後は、やり甲斐のある楽しい共同作業でした。 納品の際に、製本に不具合があり、私はこれでもいいと思いましたが、早速手を打たれて、見事に修復されました。責任を持った、妥協を許さぬプロの仕事と感銘しました。 家内の感想:皆さんのお話がわかりやすく、あっさりしていて、本を制作するというのがシンプルに見えました。もっともっと大変なのかと想像していましたから。

おなかすいた

おなかすいた

著者 里山 めい さん からのご感想

出版までの長い間、気長にていねいにご指導くださり、こころから感謝しています。 「おなかすいた」は、私の良き“高齢者突入記念”となりました。

おとなりの庭

おとなりの庭

著者 すずきしお さん からのご感想

絵本の自費出版を思い立ったとき、カラー印刷がきれいにできるところにお願いしたいと考えました。出版サービス室のウェブサイトで絵本や画集が多数紹介されているのを拝見し、暮しの手帖社に決めました。 実際にお願いして、原画の淡い色彩を大事に進めてくださったのがうれしかったです。 紙選びや文字の大きさなども、作品に合うようによく考えてくださったことがわかるものでした。 絵の配置やサイズや用紙の色など、私自身が迷う部分についても、作者個人のささいな思い入れに丁寧に応えてくださり、ありがたかったです。 出来上がった絵本とともに、制作過程で過ごした時間もかけがえのないものとなっています。

迷宮の惑星

迷宮の惑星

著者 天宙銀河 さん からのご感想

大変親切にしていただきました。ありがとうございました。もともと『暮しの手帖』のファンです。

ジーンズキルト

ジーンズキルト

著者 三竹美惠子 さん からのご感想

大変お世話になりました。日本自費出版文化賞作品募集に応募いたしましたら、第二次選考を通過しました。最終選考会が楽しみです。おかげさまで素敵な本が出来、本当にありがとうございました。

句集 産土

句集 産土

著者 岡田良子 さん からのご感想

その節は、素人の私に一から十までお導きいただき、ありがとうございました。おかげさまで私自身は大満足で、周囲からも大好評でした。御社にお願いしたことが大成功だったと心よりお礼申し上げます。今回また、販売代行や精算等、お手数をおかけ致し、重ねてありがたく存じます。拙い私の句集をお買い求め下さった方がおいでになったのは、望外のうれしさでした。

うーちゃんと いっしょに

うーちゃんと いっしょに

著者 いまだまりこ さん からのご感想

この度は、本の制作で大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。いつもていねいに応対してくださり、とてもすてきな時間でした。又、いつか機会がありましたら、今度は詩集などお願いできれば、と思っております。

詩集 一隅

詩集 一隅

著者 辻やのか さん からのご感想

私にとって、大切な宝物のような本づくりをサポートしていただき、感謝しています。本を手にとって下さる方とも、心がつながっているように感じられます。 本づくりをお願いするきっかけは、病床にあった父に届けたいと思ったことでした。病状の進行が思ったより早く、本づくりの方は無理をお願いして最初の予定よりも早めていただきました。おかげ様で亡くなる一週間前に届けることができました。本当にありがとうございました。打ち合わせも途中の進行も無理なく、適切で、私の希望するイメージを形にしてくださいました。宝物のような本とともに本づくりした時のことが楽しい思い出として残っています。

オールドノリタケのある風景

オールドノリタケのある風景

著者 鈴木裕子 さん からのご感想

自費出版は自己満足だけの世界と思っておりました。私自身、60才の記念にと軽く考えていましたが、いざ本を作るにあたり、出版社のスタッフの皆様とていねいに校正していく内に自分の想いとプロの方のアドバイスにだんだん楽しくなり、そして素敵な本が完成しました。想いは通じるので、皆様からたくさんの感動のお手紙をいただき、また、思いがけずNHKの「美の壺」まで出演させてもらった本の力に大切な意義をかんじました。

旅の途上で

旅の途上で

著者 縄手政雄 さん からのご感想

長い間お世話になりました。私の「旅の途上で」の編集、装丁、製本まで、丁度『暮しの手帖』で紹介するお料理のように細やかな神経が行き届き、私が願っていた読み終えても尚、机上に置いておきたい本に仕上げていただきました。

おじいちゃんが小さかったころ

おじいちゃんが小さかったころ

著者 小島 一夫 さん からのご感想

出版した本は孫達に配りました。その時に妻が出版記念のパーティーを開いてくれ、子供と孫が全員集まり、楽しい時間を過ごすことができました。 孫達は、まだ小さいので自分で本を読むことができませんが、あと数年したら、感想を聞かせてくれると思い、楽しみにしています。 編集をサポートして下さった皆様に感謝しております。 ありがとうございました。

暮しの手帖社 今日の編集部