暮しの手帖社 | 乗り換えの多い旅

  1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 乗り換えの多い旅

単行本のご案内

乗り換えの多い旅

乗り換えの多い旅  販売終了

「人生は乗り換えの多い旅、人はそれぞれ乗り換え切符をしっかりとにぎりしめて、新しい線に乗り継ぎ乗継してゆく」
1980年から1991年まで『暮しの手帖』に連載した随筆のうち、1985年以降のものをまとめました。
田辺さんは、硬軟取り混ぜたテーマを取り上げ、鋭さをやわらかな大阪弁につつんで筆をふるっています。ことに、ふるさと大阪への愛情、幼い日のことや当時の人々への思いがあふれています。

[目次]

私のスクラップブックから/女の自然/シンプル対ゴテゴテ/町を走る女たち/老いをすてきに/毎年、桜に思うこと/Tシャツとわたし/レマルクとシャクナゲ/乾盃の音頭とり/
過ぎた小さなことども/老いの先達/子供が叱られるとき/ヨメ飢饉について/髪を洗う/人の思い入れについて/「好きゃねん大阪」について/家刀自パワー/乗り換えの多い旅/変わり身/若者は変わってゆく/西郷サンと煙草/世間とちがう歌/老いの現場報告/「へーえ」の銀婚/むかし子供のはるあき日記


暮しの手帖社 今日の編集部