◎低気圧の影響による『暮しの手帖』定期購読配達遅延のお知らせ
  1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > デルタの記

単行本のご案内

デルタの記

デルタの記  在庫切れ

この本にまとめた文は、1941(昭和16)年12月8日にはじまった太平洋戦争で、武器を持たずにただ黙々と生きてきた人たちの上に起こった、悲しいできごとを集めたものである。人の叡知とやさしさが、いまほど大切なときはない。後世の人に、いつまでも読みついでいただきたい一冊である。

[目次]

我が引揚げの記
(宮尾登美子)

雅子たおれず 
(石田雅子)

戦争は悲しい
(藪下アサノ/田辺かつゑ/堀江セツ/松尾はつ/田中貞)

なぜ、どうして 二龍山開拓団の終末
(深田信)

ほんとうの戦争を語る
(新川初子)

戦争中の暮しの記録

暮しの消える日
(澤地久枝)

満洲引揚げ〈流沙〉の記録

行李の中から出てきた原爆のこどもの詩

デルタの記
(岡田春)

デルタの記

この本を取り扱っているオンラインショップ


暮しの手帖社 今日の編集部