1. ホーム
  2. > 別冊 暮しの手帖
  3. > 家事じょうずの暮らし

別冊 暮しの手帖のご案内

家事じょうずの暮らし

家事じょうずの暮らし  在庫有り

11家庭15人の、すてきなあの人の暮らしと、それを支える家事の工夫をうかがいました。
炊事、洗濯、掃除、整頓……。それは、単なる生活のための作業ではありません。家族の暮らしに合わせて自分で考え、毎日実践している知恵がたくさんありました。日々の暮らしをより快適なものに整えるコツの数々をご紹介します。
特別企画として、飛田和緒さんの「道具と料理」、高橋みどりさんの「みどりさんの器の楽しみ」、青木恵理子さんの「帆布で作る収納ボックス」を掲載しています。

[目次]

特集:飛田和緒さんの道具と料理

家事を変えれば、暮らしが変わる。

生き方も日常も滞らせない、住まいの「余白」。
有元葉子さん〔料理研究家〕

手をかけずにいられない、好きなものであふれる住まい。
こてらみやさん〔フードコーディネーター、料理家〕

手を動かし、心を動かして、衣食住に工夫する喜びを。
渡辺智子さん〔美術家〕 渡辺信明さん〔美術家、大学教員〕

特集:みどりさんの器の楽しみ
高橋みどり

エッセイ:わが家のふたつの箱
有働由美子

好きな布や旅の記憶を自由な発想で住まいに生かす。
中里真理子さん〔スタイリスト〕

自分たちらしい暮らしも、「表現」のひとつ。
セトキョウコさん〔料理家〕 マスミツケンタロウさん〔造形作家〕

すっきりと、心地よく暮らせる“家事やらさる”住まいの力。
早川未弥子さん〔主婦〕

特集:帆布で作る収納ボックス
青木恵理子

エッセイ:奉行就任 鍋マラソン
吉田戦車

毎日の暮らしが自然に回る、小さな仕組みのある住まい。
丹羽貴容子さん〔建築家〕

こまめに手を入れながら、大切なものとだけ暮らしていく。
塩山奈央さん〔料理家〕

庭と台所がゆるやかに結ぶ夫婦と母親、それぞれの生活。
多田信子さん〔主婦〕 多田君枝さん〔編集者〕

愛着のあるものだけを残した、住まう人を成長させる家。
川田信乃さん〔編集者〕

理想の暮らしを求めて家事も仕事も真摯に取り組む。
小川奈緒さん〔編集者、文筆家〕 小池高弘さん〔イラストレーター〕

エッセイ:イタリアの日曜日
ヤマザキマリ

編集者の手帖

家事じょうずの暮らし

この本を取り扱っているオンラインショップ2


暮しの手帖社 今日の編集部