暮しの手帖社 | フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記

  1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記

単行本のご案内

フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記

フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記

6月23日(土)より順次書店にて発売いたします。

終戦翌年、1946年の東京。食べもの、配給、家族、ピアノの練習、お裁縫……、14歳のフジコさんが、水彩画とペンで、ていねいに美しく綴った、ひと夏の貴重な記録です。
書籍化にあたり、手書き文字は活字に起こして全ページを収録。加えて、絵日記には描かれていない、当時の心情を赤裸々に語っていただきました。
フジコさんの書き込みの入った楽譜、ショパン「バラード第1番」も収録。
世界的ピアニストにして永遠の少女、フジコ・ヘミングの原点がここに!

[目次]

はじめに

七月六日~七月十九日

あのころの暮らし
幼いころ/疎開先の岡山で/戦後の暮し

七月二十一日~八月三日

母のこと
三人家族/大嫌いで、大好き

八月四日~八月十七日

ピアノの音色
レオニード・クロイツァー/泥沼の日々/センチメンタルでいいじゃない

八月十八日~八月二十九日

人生とのつき合い方
夏の終わり/歳を重ねる

八月三十日~九月十日

おわりに

出版によせて 小松莊一良

パリのアパルトマンから

巻末 フジコ・ヘミングの楽譜 ショパン「バラード第1番 ト短調」

下記の見開きページの画像をクリックすると、拡大画面でご覧いただけます。

[著者]

フジコ・ヘミング
ベルリン生まれ。5歳のとき、母の手ほどきでピアノを始め、10歳からレオニード・クロイツァー氏に師事。東京藝術大学卒業後、28歳でドイツへ留学。1969年、大切なリサイタルの直前に風邪をこじらせ、聴力を失う。その後、耳の治療に専念し、ピアノ教師をしながら欧州各地で演奏活動を続ける。左耳の聴力のみ40%まで回復。
母の死後、95年に帰国。99年、NHKのドキュメンタリー番組が大反響を起こし、デビューCD『奇蹟のカンパネラ』は、クラシック界異例の大ヒットを記録。2018年、ドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』公開 (監督:小松莊一良 / 配給:日活)。
現在パリと東京で暮らし、世界中でソロ公演や、著名オーケストラと共演を重ねている。
公演活動で多忙を極めるなか、犬や猫をはじめ動物愛護団体を援助するための活動を続けている。

フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記

この本を取り扱っているオンラインショップ


暮しの手帖社 今日の編集部