暮しの手帖社 | 吉兆味ばなし 三

  1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 吉兆味ばなし 三

単行本のご案内

吉兆味ばなし 三

吉兆味ばなし 三  在庫有り

吉兆主人・湯木貞一さんが生涯をかけて得たものを、語りつづけられた貴重なシリーズです。「家庭の毎日のおかずが少しでもおいしくなるように」と、20年にわたって惜しみなく語られた濃密な内容は、きっとお役に立つでしょう。

[目次]

料理にも絵ごころ

夏のお料理二つ三つ

秋の前菜をいくつか

炊き込みご飯とおつゆ

三日三晩のお弁当作り

土曜日と日曜日のために

献立をつくるたのしみ

寒いときはあたたかく

豊かな朝ごはん

盛りつけは錦のように

あるおひるご飯

お台所のお手伝い

吉兆のおせち料理

春をたべる

縁高のおもてなし

魚をおろしてお刺身に

栗赤飯とぎんなんご飯

野菜まんだら

雪なべと粕汁など

花見べんとうにことよせて

サミットとダイアナ妃

いい蒸しと天ぷら

嵯峨の秋

おだしの取り方入門

十二月のお餅

春を迎えて

あとがき 大橋鎭子

[著者]

ゆき ていいち
1901年神戸市生まれ。高等小学校卒業後、実家の料亭「中現長」で働き、1930年、大阪市新町に料理屋「吉兆」を開店。長年にわたって日本料理の地位向上に貢献したことを評価され、1981年に紫綬褒章を受章、1988年に文化功労者となる。1997年逝去。

※吉兆の「吉」は、正しくは、下が長い「土」に「口」です。

吉兆味ばなし 三

この本を取り扱っているオンラインショップ


暮しの手帖社 今日の編集部