◎低気圧の影響による『暮しの手帖』定期購読配達遅延のお知らせ
  1. ホーム
  2. > 単行本
  3. > 世界は「使われなかった人生」であふれてる

単行本のご案内

世界は「使われなかった人生」であふれてる

世界は「使われなかった人生」であふれてる  販売終了

――スクリーンの向こうには、いくつもの街があり、人がいた。そこでさまざまな街と出会い、人に出会うことができた。映画を見ることで、確実に「もうひとつの旅」ができる。
『暮しの手帖』誌に連載の「映画時評」から30編を選びました。

[目次]

世界は「使われなかった人生」であふれてる

出発するための裏切り

薄暮の虚無

にもかかわらず、よし

飛び立つ鳩を見送って

天使が砂漠に舞い降りた

焼き払え!

最後まで降りられない

官能的にしてイノセント

不可視の街で

敗残の可能性

海を待ちながら

郷愁としての生

もう終わりなのかもしれない……

行くところまで行くのだ

悲痛な出来事

プレスリーがやってきた

水と緑と光と

滅びゆくものへの眼差し

貧しさと高貴さと

切れた絆

老いを生きる

新しい世界、新しい楽しみ

わからないということに耐えて

男と女が出会うまで

ひとりひとりを繋ぐもの

懊悩に沈黙が応える

笑い方のレッスン

夢に殉ずる

父に焦がれて

神と人間

そこには銀の街に続く細い道があった


暮しの手帖社 今日の編集部