・「花森安治の仕事」展、岩手県立美術館にて開幕

2017年09月08日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
重実生哉(しげざねいくや)さんデザインの、黄色いタイトルパネルが青空に映えます

 2月の世田谷美術館を皮切りに、碧南市藤井達吉現代美術館、高岡市美術館と巡回してきた「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」展が、最後の会場である岩手県立美術館にて9月2日に開幕しました。
 岩手県内では、開幕前から展覧会をお知らせするテレビCMが流れ、開幕直前の特集番組も放送されました。そのためもあって、初日から大盛況で、『暮しの手帖』を長くご愛読くださっている方々の温かいお話をうかがうこともできました。
今回の展覧会では、『暮しの手帖』編集部OBの小榑雅章さん、また、現在小誌編集長を務める澤田康彦、それぞれの講演会を開催予定です(詳細は下記にて)。
 会期中は館内のレストラン「パティオ」にて、暮しの手帖社のロングセラー書籍『おそうざいふう外国料理』のレシピを参考にした、特別メニューが提供されています。身が厚く食感の良いアジを使ったマリネや、ジューシーなポークソテーなど、展覧会とあわせて、ぜひお楽しみください。
 会場の岩手県立美術館は、盛岡駅から徒歩20分、タクシーで5分ほどのところにございます。会期は10月15日まで。天井が高く贅沢な展示空間で、花森の残した表紙原画や広告などの手仕事を、どうぞご堪能ください。(担当:会田)

◎「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」
2017年10月15日(日)まで
岩手県立美術館
盛岡市本宮字松幅12-3
TEL 019-658-1711
詳細は岩手県立美術館のホームページにてご確認ください。
http://www.ima.or.jp/exhibition/temporary/20170902_1015_ex02.html

◎開催記念講演会1
「花森安治の『暮しの手帖』」
講師:小榑雅章氏(『暮しの手帖』元編集部員)
日時:2017年9月10日(日) 14:00~15:30

◎開催記念講演会2
「最新号に息づく花森安治」
講師:澤田康彦(『暮しの手帖』編集長)
日時:2017年9月30日(土) 14:00~15:30

※講演会に参加ご希望の方は、当日直接、館内ホールへお越しください。
参加無料です。

暮しの手帖社ホームページ内・花森安治特設サイト
http://www.kurashi-no-techo.co.jp/hanamorisan/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
広々とした会場内の様子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「商品テスト」記事のパネル展示

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1世紀(1960年代)バックナンバーの壁面展示

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
会場出口には、創刊号の世界に入ることができるフォトスポットが


暮しの手帖社 今日の編集部