1. ホーム
  2. > 戦中・戦後の暮しの記録
  1. ホーム
  2. > 創刊70周年記念特設サイト
70 YEARS 2018 暮しの手帖 創刊70周年

創刊70周年記念企画

「戦中・戦後の暮しの記録」にたくさんのご応募、ありがとうございました。

70 YEARS 2018 暮しの手帖 創刊70周年

創刊70周年記念企画

「戦中・戦後の暮しの記録」にたくさんのご応募、
ありがとうございました。

終戦まもない1946(昭和21)年夏、『暮しの手帖』の前身となる雑誌『スタイルブック』を花森安治が創刊。1948(昭和23)年9月、『美しい暮しの手帖』の誕生から『暮しの手帖』は刊行を続けて70年を迎えました。
暮しの手帖社の創設にたずさわった、花森安治と大橋鎭子の志を受け継ぎ、記念出版する新刊をご紹介します。

暮しの手帖社について

戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ

あの日々をどう生きたか
手記、手紙、絵、写真
157の体験を収録

目次

Ⅰ たいせつな人
Ⅱ 空から恐怖がふってくる
Ⅲ 何と戦っていたのだろう
Ⅳ ふるさとが戦場に
Ⅴ 弱き者は守られたか
Ⅵ 遠き丘から
Ⅶ 未来はどっちに

本体価格2,500円(税別)
B5判 並製 本文約300頁
ISBN 978-4-7660-0209-6
2018年7月下旬発売

君という美しい命は、
偶然灯された一閃の光だ

君、忘れてはいけない。
きのう、戦争があったのだ。昔むかしの物語ではない。
その大きな戦(いくさ)は、昭和という時代、二十世紀にあった。
君がきょう歩いているかもしれない美しい町は、
かつて亡きがらが転がり、いたるところが墓地となった焼け野原。
空から日夜恐怖が降ってくる、地獄の土地だった。
そんなところで、それでも人は……君の父や母の父や母、祖父や祖母は、
生き続けた。生き続けたから、君がいる。
君という美しい命は、未曽有の戦災をかろうじてくぐり抜けた人、
その人を守った誰かの先に偶然のように灯された一閃の光だ。
我々は『戦争中の暮しの記録』から半世紀経ったいま、もう一度訊く。
あの日々、どう暮らしたか? どう生きて、どう死んだのか?
これが最後のチャンスかもしれない。急げ急げ!
この新たな本では約百編の応募作文を掲載する。
名もなき庶民の、胸を激しくゆさぶる言葉に、触れてほしい。
それは、我らの肉親からの現在形の叫び、愛だけから成るメッセージだ。
いま、この一冊を手にしようとする君がもし若いとしたら、
平成に、あるいは二十一世紀に生まれた人かもしれない。
だが、君が誰であろうと、忘れてはいけない。
ドアの向こうに、次の戦争が目を光らせて待っているということを。
人類の短い歴史とは、戦争の歴史であるから。戦後とは、戦前のことだから。
先の本のメッセージを、繰り返す。「これが戦争なのだ」。
それを知っておきたい。君に知ってもらいたい。
できることなら、君の後に生まれる者のために、そのまた後の者のために、
この新たな一冊を、たとえどんなにぼろぼろになっても、残しておいてほしい。
(本書編集者巻頭言より抜粋)

お知らせ

2018年7月20日
『戦中・戦後の暮しの記録』出版記念「ちいさな朗読会」 ご案内はこちらから
2018年7月19日
『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』
いよいよ7月24日(火)から全国順次発売予定です!

企画立案から約二年、ようやく一冊の本が、来週具体的な「かたち」となってお目見えします。

戦争を二度と繰り返さないために──
これから生まれてくる君に、「ようこそ、ここはいい世界だよ!」って、いつでも笑顔で迎え、祝福できるように。
今も10年後も20年後も、ずっとずっと伝えていかねばならない、先達の貴重な体験談を凝縮しました。
川島小鳥さんの撮ってくれたカバー写真の薔薇の花は、50年前の花森安治編集長の『戦争中の暮しの記録』からのバトンのよう。
この薔薇が、何も落ちてこない青空の下、いつも美しくありますように。
暮しの手帖社全員でつくりました。
2018年夏。

終戦の年から73年が経過した今咲くこの一冊を、書店でぜひお手にとってごらんください。
2018年5月25日
『暮しの手帖』94号にて掲載作の4編をご紹介しています。
2018年3月24日
『暮しの手帖』93号にて掲載作の一部20編を発表いたしました。
氏名
  例:暮し 太郎
ふりがな
せい  めい 例:くらし たろう
住所郵便番号
-
都道府県

海外からご応募の場合は、都道府県欄で一番下の「その他」を選び、
「市区町村以下」の欄に住所をご入力ください。

市区町村以下
建物名など
電話番号
- -
FAX番号
- -
メールアドレス

(@kurashi-no-techo.co.jpからの受信が可能なもの PCメール推奨)

メールアドレス再入力
年齢
性別
 男性 女性
職業
どなたかのお話しを聞いてお書きになった聞き書き原稿でしょうか
 はい いいえ
「はい」とお答えいただいたかたは下記のフォームに話し手の情報をご入力ください。
氏名
  例:暮し 花子
ふりがな
せい  めい 例:くらし はなこ
年齢
(すでにお亡くなりになられた方の場合は、亡くなられた時の年齢)
執筆者とのご関係
コメント(質問や要望等、自由にお書きください。最大400字)
応募原稿ファイルを添付する

原稿はワード、テキストフォーマットに対応しています。
画像はPDF、JPG、GIF、PNGに対応しています。複数の画像を送る場合は、フォルダにまとめた上で圧縮してください。
※送信できるファイルサイズは合計5MBまでです。

原稿のファイルを「添付」(添付ボタンを押してファイルを指定してください)
 
画像のファイルを「添付」(添付ボタンを押してファイルを指定してください)
 
画像のファイルを「添付」(添付ボタンを押してファイルを指定してください)
 
画像のファイルを「添付」(添付ボタンを押してファイルを指定してください)
 
画像のファイルを「添付」(添付ボタンを押してファイルを指定してください)
 

ファイルの容量が大きすぎて送信できませんでした。
原稿ファイルが大きくエラーなど送信できない場合は、郵送でお送りください。

郵送先
〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-35-20
暮しの手帖社
「戦中・戦後の暮しの記録」係


暮しの手帖社 今日の編集部