1. ホーム
  2. > Blog手帖通信

・フジコ・ヘミングさんがNHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」に登場!

2018年06月21日

6月23日(土)放送予定のNHK Eテレの「SWITCHインタビュー 達人達」(午後10:00~ 11:00)に、最新刊『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』の著者であり、世界的ピアニストのフジコ・ヘミングさんが出演されます。

ご自身で刺繍もされるというフジコさんは、番組での対談相手、ビーズ刺繍デザイナー・田川啓二さんの作品に興味津々。田川さんは、フジコさんのコンサートを鑑賞されます。お互いの美と音楽について語るお二人の話は、仕事に対する信念、伝統工芸、フジコさんの衣装へのこだわりにまで、広く及ぶそうです。

さらに番組では、敗戦直後の1946年の夏、当時14歳だった少女フジコが夢を描き、色鮮やかな表現で綴った貴重な絵日記も登場する予定です。

お二人の貴重な対談を、ぜひご覧ください。

◎NHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達」(午後10:00~ 11:00)
http://www4.nhk.or.jp/switch-int/

◎6月23日(土)発売『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』

◎上映中 映画『フジコ・ヘミングの時間』(監督:小松莊一良 / 配給:日活)
http://fuzjko-movie.com/

・映画『フジコ・ヘミングの時間』いよいよ公開!

2018年06月15日

『フジコ・ヘミングの時間』
     ドキュメンタリー映画 『フジコ・ヘミングの時間』
     監督:小松莊一良 / 配給:日活
     公式サイト http://fuzjko-movie.com/

 『暮しの手』94号で特集した世界的ピアニスト、フジコ・ヘミングさん初のドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』が、明日、6月16日(土)より、東京の「シネスイッチ銀座」ほか全国の映画館で順次公開されます。

 この映画はコンサートツアーで世界を巡るフジコさんに2年間密着し、これまで明かされることのなかった素顔に迫ります。少女時代の絵日記を通して語られる、幼くして別れた父への想い、母の厳しいレッスン、ハーフゆえの差別……。
その後の聴力喪失という困難をも乗り越えて輝く、現在のフジコさんの演奏を、訪ねる先々の美しい景色とともに楽しむことができます。

◎映画に登場する絵日記は、暮しの手帖社から、単行本『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』として一冊の本になり6月23日(土)より発売いたします。
若いアーティスト、少女フジコの色鮮やかな表現力、文章力をご堪能ください。

フジコカバー OL.indd

・フジコ・ヘミングさんがテレビ朝日『徹子の部屋』に登場!

2018年06月11日

 6月14日(木)放送予定の『徹子の部屋』(テレビ朝日 午後12時00分~)に、
『暮しの手帖』94号の巻頭で特集した世界的ピアニストのフジコ・ヘミングさんが、登場されます。

 フジコさんが少女時代に描いた絵日記を紐解きながら、これまでの人生や、世界を巡る演奏旅行、
猫との暮らしなど、同世代のお二人の話は和やかな雰囲気で進みます。

 番組に登場する絵日記は、暮しの手帖社から、単行本『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』として
一冊の本になり6月23日(土)より発売いたします。
 
 また、6月16日(土)公開の映画『フジコ・ヘミングの時間』(監督:小松莊一良 / 配給:日活) の話や、フジコさんによるピアノ演奏など、
盛りだくさんの内容です。

ぜひ、ご覧ください。

『徹子の部屋』テレビ朝日

◎ドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』 (監督:小松莊一良 / 配給:日活)
公式サイト http://fuzjko-movie.com/

徹子の部屋用_FB02

・6月下旬発売『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』/映画公開『フジコ・ヘミングの時間』

2018年05月31日

フジコ表1_帯あり

世界的ピアニスト、フジコ・ヘミングさんが描いた少女時代の幻の絵日記を、暮しの手帖社から書籍『フジコ・ヘミング14歳の夏休み絵日記』として刊行します!

食べもの、配給、家族、ピアノの練習、お裁縫……。終戦翌年の1946年、14歳のフジコさんがていねいに美しく綴った絵日記には、毎日の生活の工夫と家族との思い出があふれていました。

この絵日記は、6月16日公開の映画「フジコ・ヘミングの時間」にも登場します。絵日記を手に思い出を語るフジコさんの優しい表情から、フジコさんの音の原点を垣間見ることができました。

このまたとない機会に、本と映画あわせてご観賞ください!

◎映画『フジコ・ヘミングの時間』 (監督:小松莊一良 / 配給:日活)
世界を巡るフジコさんに密着するドキュメンタリー。幼少時に別れた父への想い、母の厳しいレッスン、留学生活、聴力の喪失など、困難を乗り越え輝き続ける彼女の姿が、生きるヒントを教えてくれます。
恋の話、パリ・NY・ブエノスアイレス・東京・京都……世界各地の美しい自宅、愛する猫や犬たちとの暮らしなど、彼女の今に目が離せません。
6月16日(土)よりシネスイッチ銀座ほか、全国順次ロードショー。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

終了・営業アシスタントの学生アルバイト募集

2018年03月09日

※下記の募集は締切りました。
沢山のご応募ありがとうございました。

現在募集中の営業アシスタントのアルバイトにつきまして、新たに学生の応募枠を設けました。
応募期間の締切は4月16日(月)までです。
ご応募をお待ちしております。

募集の詳細は下記のリンクよりご覧ください。
http://www.kurashi-no-techo.co.jp/blog/information/180209

終了・営業アシスタントのアルバイト募集について

2018年02月26日

※下記の募集は締切りました。
沢山のご応募ありがとうございました。

営業部では2月初旬より営業アシスタントのアルバイト募集をしておりますが、3月30日(金)の締切日を待たずに、ご応募くださった方から、順次、面接をいたします。
早めのご応募をお待ちしております。

募集の詳細は下記のリンクよりご覧ください。
http://www.kurashi-no-techo.co.jp/blog/information/180209

終了・アルバイト募集のお知らせ

2018年02月09日

※下記の募集は締切りました。
沢山のご応募ありがとうございました。

暮しの手帖社では、営業アシスタントのアルバイトを若干名募集しています。
ご応募をお待ちしています。

●採用情報
営業アシスタントのアルバイト(3ヵ月ごと更新)を募集しています。
仕事内容は、おもに電話による受注対応、パソコンによるデータ入力作業です。
「待遇・労働条件など」をお読みのうえ、ご応募ください。

まずは履歴書(写真貼付)をお送りください。
書類選考の上、面接の日時をお知らせします。
※WebサイトからのEメールでのお問い合わせ・ご応募は受け付けておりません。

業務内容:電話対応、パソコンの入力業務、梱包・発送作業

資格など:パソコン操作(Word、Excel必須)のできる方。
正しい日本語で対応できる方。
学生可。

給与:時給1,000円

就業時間:10:00~17:00(休憩1時間含む、実働6時間)
週3日程度勤務できる方

待遇:交通費支給。
詳しい待遇・労働条件などはこちらをご覧ください。
応募:履歴書(写真貼付)を下記住所宛てお送りください。
書類選考の上、面接の日時をお知らせします。
なお、お送りいただいた書類の返却はいたしませんので、
あらかじめご了承ください。

〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-35-20
株式会社 暮しの手帖社 管理部 椎名宛
電話 03-5338-6011(担当:椎名)
応募締切
一次締切:2月23日(金)
二次締切:3月30日(金)
三次締切:4月16日(月)

※ご応募くださった方から、順次、面接をいたします。締切日を待たずに決定することもありますので、早めにご応募くださるよう、お願いいたします。(3月9日に追加更新)

終了:編集部中途採用のお知らせ

2018年01月11日

※下記の募集は締切りました。
沢山のご応募ありがとうございました。

2018年に創刊70周年を迎える『暮しの手帖』では、雑誌・書籍編集者の正社員を募集します。
即戦力として、一緒に仕事に取り組んでいただける編集経験者のご応募をお待ちしております。
待遇・労働条件をお確かめのうえ、まず履歴書(写真貼付)をお送りください。
書類選考のうえ、次の選考に進まれる方には面接の日時をお知らせします。

資格:編集経験2年以上

待遇:当社規程による。待遇・労働条件はこちらをご覧ください

就労開始の時期:2018年4月以降(応相談)

提出書類:
1. 履歴書(写真貼付) 
2. 職務経歴書(書式自由、できるだけ具体的に記入してください)
3. 作文「暮しの手帖社でやりたいこと」(800字以内)
※400字詰原稿用紙の形式で2枚。縦書き。手書き ・ パソコン (ワープロ) 出力、いずれも可。
欄外に必ずお名前をご記入ください。

締切:2018年1月10日(水)(郵送のみ受付、当日消印有効)

選考:書類選考のうえ、結果は郵送にて1月25日(木)までにご連絡いたします。
面接の際、これまでに携わった書籍や雑誌などをご持参ください。
※個人情報は当社にて厳重に管理し、選考以外の目的では使用いたしません。
※なお、送付書類の返却はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

応募先:
〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-35-20 
株式会社 暮しの手帖社 採用係
電話 03-5338-6011(担当:椎名)
※Eメールでのお問い合わせは受け付けておりません。

・『暮しの手帖』91号買物案内「ファスナーボタンエイド」について

2017年12月05日

『暮しの手帖』91号の115頁でご紹介した商品、
「ファスナーボタンエイド」について、
誤って、東京都台東区の株式会社ウィズ様に
お問い合わせの連絡が入るという事例がありました。
読者の皆様、ならびに株式会社ウィズ様に
ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
正しくは、大阪市西区にある株式会社ウィズです。
ファスナーボタンエイドをお求めになる際には、
お近くの介護用品店などで注文なさるか、
下記に電話をして、「暮しの手帖を見た」と伝えて
ご注文ください。

株式会社ウィズ
電話:06-6536-9990

終了・「空」の短歌を募集します。

2017年11月24日

◎たくさんのご応募ありがとうございました。
こちらの募集は終了いたしました。

みなさんも五・七・五・七・七に挑戦しませんか?
『暮しの手帖』91号(2017年11月25日発行)では、特集企画「奥村晃作さんの ただごと歌」を掲載しています。
このたび読者のみなさんに、「空」という字がはいった短歌(記事本文参照)、あるいは「自由題」の短歌を募集します。奥村さんと編集部で選考し、力作は2018年5月25日発行の『暮しの手帖』94号、および小社ウェブサイトでご紹介する予定です。

投稿方法
・無地のハガキ、またはEメールでお送りください。
ご投稿は一人何首でも結構ですが、ハガキの場合は一枚に四作品まで。
未発表の自作に限ります。特殊な読み方をする字には読みがなをつけてください。

・お名前(ペンネーム可、ただし本名も明記のこと)、住所、電話番号、
あればメールアドレスをお書き添えください。

・宛先
〒169-0074東京都新宿区北新宿1-35-20
暮しの手帖編集部 「短歌募集」係
Eメール tanka@kurashi-no-techo.co.jp

・締め切り
2018年1月31日(ハガキの場合は当日消印有効)

終了・『暮しの手帖』90号「かぎ針編みのまるとしかくをつなげて」作品募集中

2017年10月01日

◎下記の募集は終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

発売中の『暮しの手帖』90号では、特集企画「かぎ針編みのまるとしかくをつなげて」を読まれて創作した作品の写真を募集しています。読者のみなさまに自由に発想していただき、手を動かして作り出す楽しさを分かち合うための企画です。
ご応募のなかから選考して、2018年3月24日発行の93号でご紹介する予定です。
詳しくは、90号(特集記事:52ページ~、応募要項:149ページ)をご覧ください。

●作品の応募方法
作品の写真を、以下の情報とともに郵送、またはEメールでお送りください

作品の写真:
写真は、1枚でも複数枚でも結構です。
メールに添付する場合、容量は合計5MB以下。できるだけはっきりと撮影してください

作品の情報:
制作者のお名前、ご住所、電話番号、作品についての説明、あればメールアドレスをお書き添えください

作品についての説明:
作品のサイズ、作った動機、工夫したポイント、使ってみた感想など
宛先:
〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-35-20 暮しの手帖編集部「かぎ針編み作品募集」係
Eメール:kagibari@kurashi-no-techo.co.jp

応募締切:
2017年12月11日(月)。郵送の場合は当日消印有効

発表:
2018年3月24日(土)発行の『暮しの手帖』93号

●注意事項
・作品はオリジナルで、未発表のものに限ります
・お送りいただいた写真は返却できませんので、ご了承ください
・作品そのものは送らないでください
・誌面でご紹介する場合は、編集部からご連絡いたします。取材をお願いする可能性もあります
・ご紹介する方には、掲載誌を差し上げます

◎「Blog手帖通信」に掲載した担当編集者による記事の紹介は下記のリンクよりお読みいただけます。
http://www.kurashi-no-techo.co.jp/blog/editorsnote/170927

・「戦中・戦後の暮しの記録」にたくさんのご応募、ありがとうございました

2017年09月30日

「戦中・戦後の暮しの記録」にたくさんのご応募、ありがとうございました。
原稿募集は終了いたしました。

9月末日をもちまして、原稿の募集を終了いたしました。
編集部には、私たちの想像をはるかに超える数の原稿が届きました。次世代へのメッセージが込められた、みなさまからのお手紙のように感じています。大切に読ませていただきます。
また、「良い本をつくってくださいね」と励ましをいただいた方や、お電話で涙ながらにエピソードをお話しくださった方も、これまで数多くいらっしゃいました。
たくさんのご応募と、そしてご声援をほんとうにありがとうございます。
編集部は、これから来夏の刊行に向けて、みなさまにお応えできる本づくりに励んでまいります。


暮しの手帖社 今日の編集部