暮しの手帖社 | この雪の向こうに、春が?

この雪の向こうに、春が?

2018年01月24日

表紙_DSC6925

サワダ編集長より最新号発売のご挨拶

「この雪はいっしょに見てるっていうのかな 電話の向こうで君がつぶやく」
とある友だちがむかし詠んだ短歌です。
一昨日、イベントのご案内でも書いたように東京は雪で、京都の家族に電話したら、あちらも雪。
「こっちも降ってるよ! おとうさん」と娘。
おお、いっしょだね。
で、上の短歌を思い出したのでした。

この雪の向こうに、春が待っているのでしょうか?
それともまた別の雪が舞ってくるのでしょうか?
Listen, the snow is falling♪
とか、雪の降るまちを~♪
とか、さらには
なごり雪もぉ♪……

と、編集長はすぐ古い歌を口ずさみ、編集部ではケムたがられる傾向にあるので、この話はこれくらいにして。
と書いていたら、隣で局長の久我翁が
雪が降る~♪
とアダモうたいだしました。

さあ「早春号」、いよいよ発売です。
2018年の1冊目。昨秋から準備し、編んできた1冊。
どうぞお手にとって、どこからでもお読みください。
編集者の手帖(編集後記)でも書いておりますが、たっぷりの「きらきら」、たくさんの「うわあ!」を用意したつもりです。
お気に入りの頁はありそうですか? これは使える、という頁は?
さらに今年はこんなのをやって! という企画はありませんか?
(毎度繰り返して恐縮ですが)広告を入れない雑誌です。
本屋さんでの売れ行きだけが頼り。スポンサーは読者のみなさんです。
ご感想ご意見ご提案をいつもお待ちしています(巻末に切手不要の葉書もありますよー)。

明日から編集部員たちが、ひとつずつ、それぞれ担当の特集頁のご案内をさせていただきます。
本誌とは別の側面がご覧いただけると思います。
ぜひおつきあいください。

編集長・澤田康彦


暮しの手帖社 今日の編集部