1. ホーム
  2. > Blog手帖通信

初夏の号が発売になりました。

2016年05月25日

表紙1_付録正し体

 珍しい!? 『暮しの手帖』に“付録”です。
 これは、どうしても皆さんとシェアしたかったから。
 ぼくは編集長に就任するなり、出遭いました。1946年夏につくられたたった20ページの薄い冊子の、まばゆい輝き。退色してぼろぼろになったそれを開くと鮮やかな色彩が両目を射ました。

続きを読む >

単行本『ポケット版 「暮しの手帖」とわたし』が発売になりました。

2016年04月01日

DSC_0021

単行本『ポケット版 「暮しの手帖」とわたし』が発売になりました。『暮しの手帖』創刊者のひとり、大橋鎭子の唯一の自伝である本書は、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』のモチーフとなった本です。
生きることが命がけの明け暮れがつづく、戦後間もない頃、「女の人を元気にしたい」、そう考えた「しずこさん」。のちに初代編集長となる花森安治と出会い、物やお金がなくとも、暮らしをもっとおしゃれに、豊かにするアイデアを集めた生活雑誌『暮しの手帖』を創刊しました。28歳の女性がともした小さな灯は、やがて、日本の家庭をあたたかく包む、大きな光となっていきます。
どんなことにも最初から無理とは言わない、言いたくない。ずっとずっとおおまじめで体当たりだった大橋の生き方が、ここにいきいきと綴られています。強く、明るく、たくましい「しずこさん」、93年の積極果敢な生涯をお読みいただける一冊です。
ポケット版では特別に、『とと姉ちゃん』の脚本家・西田征史さんが語る解説と、家族が綴る晩年のエピソードを収録しています。(担当:村上)

大橋鎭子の特設サイトを開設いたしました。下記のリンクよりご覧ください。
www.kurashi-no-techo.co.jp/shizukosan/

別冊『しずこさん』が発売になりました。

2016年03月25日

DSC_0143

「しずこさん」とは、大橋鎭子という女性のこと。『暮しの手帖』を創刊した、暮しの手帖社の創業者です。大正9年に生まれて、10歳のときに父を病気で亡くし、「苦労して育ててくれた母とふたりの妹たちをしあわせにしたい」と26歳で起業したしずこさん。連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のモチーフになった彼女の、93年の生涯をご紹介する本です。

続きを読む >

本年春の号、81号は本日発売です。

2016年03月25日

DSC_0020

仲條正義さんの表紙は、さくら色。
ピンクとうす青の空には、天使と花びらが舞い踊っています。こころ浮き立つ幸福の絵です。
本屋さんに行かれたら、春色のカバーを探してみてくださいね。
春、スプリング、プランタン。いろんな新しいことが始まる季節です。
編集部のオーブントースターも新しくなりましたし、お盆と湯呑みも新参者登場です。
暮しの手帖社のホームページもリニューアルしましたし、もう少ししたら育休明けの編集者Iさんも復帰します(おかえりなさい!)。
そして4月4日からは新しいNHK連続テレビ小説が始まります。
ヒロイン役の高畑充希さん、どんな元気で素晴らしい「とと姉ちゃん」っぷりを見せてくださるのでしょうね?
私どもの会社の創業者「しずこさん」と、どっちがどれだけ元気モノでしょうか?
編集部一同、とても楽しみにしています。
彼女のモチーフとなったその大橋鎭子(しずこ)の記事から今号はスタートです。小社で眠っていた貴重でおしゃれ、パワフルな写真群をぜひご堪能ください。

続きを読む >

別冊『暮しのヒント集4』が発売になりました。

2016年03月05日

bl_0021

毎号たいへんご好評をいただいておりますこのシリーズも、おかげさまで4冊目となりました。
今回は、編集者の服部みれいさん、歌人の穂村弘さん、作家の林望さん、絵本作家の五味太郎さんほか、30代から70代までの16人の方々に取材をさせていただきました。ちょっと便利な生活のアイデアから、毎日を前向きに生きるための心がけまで、さまざまな「ヒント」を伺いました。今日からすぐに始められるような、シンプルなものもたくさんありますから、ぜひあなたの暮らしに取り入れてみてください。

続きを読む >

『暮しの手帖』80号(早春)のご案内

2016年01月25日

bl_0018
こんにちは、編集部です。今年最初の『暮しの手帖』80号が発売となりました。
今あなたはどこにいらっしゃいますか? 寒いですね!
北海道から沖縄まで、冷え込む日本列島にお届けする、あったか早春号です。
巻頭特集は、飛田和緒さんの「みんなが喜ぶハレの日のごはん」。五目ちらし、ローストビーフ、赤飯などハレの日に味わいたい料理を、肩肘張らずに作るコツと工夫を教わりました。美しいお料理たちは目でもお楽しみいただけます。
続いて、自宅でおいしいおでんを楽しむために、「おでんの秘訣」を今泉久美さんにご指導いただいたほか、ロシア料理が大好きな高山なおみさんに教わる「心まで温まるボルシチ」。藤井恵さんが腕をふるう、晩酌のとっておきのおとも「お燗に合う肴」……と、今夜にも食べたい、作っていただきたいレシピが並びます。

続きを読む >


暮しの手帖社 今日の編集部