暮しの手帖社 | 暮しの手帖85号「土井善晴/汁飯香のある暮らし」

暮しの手帖85号「土井善晴/汁飯香のある暮らし」

2016年12月14日

85%e6%bc%ac%e3%81%91%e7%89%a901

第二回「すっきりした味 白菜漬け」
「本当に白菜漬けになるのだろうか?」
漬物初挑戦のわたくし、試作の間によぎった、正直な気持ちです。作り方がとっても簡素であることに、思わず不安になってしまったのです。
しかし樽からは日に日にお漬物らしい香りが漂い、編集部でお弁当を食べる人に出してみたら、感激の声が上がりました。
簡単な食事でも、自分で作った白菜漬けがあるだけで、こんなに豊かな気持ちになれるとは!(担当:田島)


暮しの手帖社 今日の編集部