1. ホーム
  2. > Blog手帖通信

生きる喜びをくれるから

2020年06月02日

はじめてのお楽しみ_DSC7366

生きる喜びをくれるから
(新連載「はじめてのお楽しみ」)

もう何年も前のことですが、料理家のホルトハウス房子先生からお電話をいただき、「あなた、お能はお好き?」と聞かれたことがありました。「お好き」と言うほどじゃありませんが、何度か観たことはあり、興味はあります。そうお答えすると、「用事で行けなくなってしまった公演があるから、もしよろしければ」と、チケットを2枚送ってくださいました。
休日に友人と連れたって能楽堂へ出かけると、なんと席は「かぶりつき」のまん真ん中で、まわりは着物すがたのご婦人方ばかり。なんだか恐縮しながらも、絢爛豪華な衣装の細部まで間近でじっくり眺め、およそ6時間、腰が痛くなりつつ堪能したのでした。
以来、ときどきテレビでお能の公演を目にすると、細部まで映るのはいいのですが、なぜだか非常に淡々としたものに感じてしまいます。演者の息づかい、衣擦れの音、観客が息をのむ一瞬……。たぶん、そうしたものが一体となって、「生」で伝わってくるから、夢中になれるんだな。生意気ですが、そう思ったりするのです。

前置きが長くなりましたが、このたび始まった新連載「はじめてのお楽しみ」は、そうしたライブならではのいろんな娯楽文化を、文筆家でイラストレーターの金井真紀さんが体験してまとめる読み物です。
大人になっても、ちゃんと体験したことがない、しかし機会があれば行ってみたい、そんな娯楽ってありませんか?
金井さんは、落語好きで俳句もたしなむ趣味人ですが、それでも体験したことのない娯楽はあるそうで、その一つが「浪曲」。えっ、浪曲とは?? と思わず検索したくらい、恥ずかしながら、私は無知でした。そしてYouTubeで少し聴いてみたものの、どこがいいのか、正直よくわからない。ちょっぴり不安を覚えつつ、金井さんと取材に出かけた先は、私が暮らす浅草にある「火曜亭」でした。
この日の公演は、いまをときめくスター浪曲師の玉川奈々福さんによるもの。平日の夜で、ざんざん降りなのにもかかわらず、会場は立ち見が出るほどの盛況ぶり。あんがい若い人も来てるんだなあ、ときょろきょろしているうちに、奈々福さんが登壇。そしてそして……。続きはぜひ、金井さんの軽妙な文章でお楽しみください。

なぜこの連載を始めたかと言えば、暮らしって家の中でおさまることだけじゃなく、非日常にわくわくと胸を躍らせ、磨き抜かれた芸にうっとりする、そんな「ハレ」の時間もあってこそメリハリがつくんじゃないかな……と思うからなのです。娯楽って、生きる喜びをくれる、大事なものなんじゃないかな、と。
赤の他人と同じ空間に集い、一緒に大笑いしたり涙したりして、感動を反芻しながら家路につく。いまは残念ながら「火曜亭」もお休みですが、あの素敵な一夜が、早く、早く、戻ってきてくれることを願います。(担当:北川)

庖丁の音、美味しい音

2020年06月01日

庖丁仕事_DSC7312

庖丁の音、美味しい音
(6号「庖丁仕事はリズムにのって」)

毎日のごはん作り。
材料を並べて作業に入る前に、想像力をふくらませて、
どんなふうに食べたいかな? と、出来上がりをイメージしてみて下さい。
食感は、シャキッと? ふわふわ? 
美味しいイメージが浮かんだら、さあ、料理に取りかかりましょう。

今回は、料理家の渡辺麻紀先生に、庖丁の持ち方や姿勢から、
野菜の切り方、鶏肉の脂肪の取り方のコツまで、
基本だけれど意外と知らない大切なことを教えていただきました。

取材はまず、庖丁研ぎからスタート。
渡辺先生が「不思議と心が落ち着く」とおっしゃるように、
研いでいるときは無心になり、気持ちがすーっと整ってきます。
なんだか瞑想の時間のようで、習慣にしたいな、と思いました。
(研いだばかりの庖丁は金気が食材に移りやすいので、一晩寝かしてから使うといいですよ)

ご紹介しているレシピは、どれも簡単でおいしいものばかりですが、
なかでも、私のおすすめは、「豚の冷しゃぶ コンカッセソースがけ」。
トマトと玉ねぎ、パセリ、レモン、その美しい色合いの野菜がオリーブオイルでキラキラと輝いたソースを、豚肉にたっぷりかけた一皿です。
撮影の時も、「わぁ、美しい〜! ごちそうだね!」と歓声が上がりました。
手軽に作れるので、この度の在宅勤務の間、お昼ごはんに何度も作っていましたが、
その度に「きれいだなぁ!」と、元気が出るのを感じました。

「キッチンでは、自信を持って、たのしく過ごしてほしい」と渡辺先生。
私は今回の企画で、庖丁が頼もしい相棒のような存在に変わりました。
ぜひ、あなたに合った庖丁使いの姿勢を見つけてみて下さい。(担当:佐藤)

・新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言を受けまして

2020年06月01日

新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言解除後も
当社は引き続きシフト勤務態勢を実施しております。

従いまして、時間帯によりましては、電話に応対できないことがございます。
みなさまにはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解をいただけますようお願い申し上げます。

なお、出版物に関する緊急のお問い合わせにつきましては、
下記メールアドレスか、ファックス番号でも対応させていただきます。

メール:eigyo2@kurashi-no-techo.co.jp
ファックス:03-5259-6004

ご用件とご連絡先(お名前・電話番号・FAX番号・メールアドレス)をご記入いただきましたら、
いずれかの方法にて、こちらから折り返しご連絡さしあげます。
少々お時間を要する場合もございますが、どうぞご了承ください。

お申し込みいただいた『暮しの手帖』の定期購読につきましては、通常営業再開後に順次発送いたします。
しばらくお待ちください。

生き物は手がかかるからこそ愛おしい

2020年05月29日

中村桂子_DSC7301

生き物は手がかかるからこそ愛おしい
(6号「わたしの手帖/中村桂子さん 生きることは、時間を紡ぐこと」)

様々な方の「人生の手帖」に書きつけてある言葉をご紹介する、この企画。
今号は、科学者の中村桂子さんにお話を伺いました。

DNA研究の第一人者として長年活躍されてきた中村さん。
科学者というと、どこか遠い存在のようで、お会いする前は緊張していましたが、
取材当日は、チャーミングな笑顔で出迎えてくださいました。
好奇心旺盛で、「この間、こういうことがあってびっくりしたの!」と話題が絶えず、
丘陵を生かして造られた庭を足取り軽く昇り降りする姿は、とても84歳には思えません。

中村さんは50歳の時、「生命誌」という研究分野を生み出し、
一貫して「人間は自然の一部」ということを発信してきました。
何を当たり前のことを、と思うかもしれません。
けれど、中村さんのお話を聞くうちに、
便利な生活に身を置くことで、つい人間本位の考えをしてしまっている自分に気づきました。
「今の社会が求めていることは、手がかからず、思い通りに、早く。
でも、本来生き物はその真反対。
手がかかるからこそ愛おしいし、生きることに“早い”は合わないの」
そんな中村さんの言葉に、耳を傾けてみませんか。(担当:平田)

料理家と八百屋のちょっといい関係

2020年05月28日

理想の八百屋_DSC7392

料理家と八百屋のちょっといい関係
(6号「理想の八百屋さんと出会ったら」)

色とりどりの夏野菜が市場に並びはじめました。
その美しい姿を見ていると、
さて、どう料理しようかな、とワクワクしてきます。

この記事に登場するのは、野菜をこよなく愛する3人です。

素材のおいしさをそのままに生かして、
独創的なひと皿を作る、料理家の竹花いち子さん、
そして、オーガニックや自然栽培の野菜を扱う、
「タネカら商店」という八百屋さんを営む
滝田俊輔さんと十河知子さんです。

竹花さんは、タネカら商店さんとの出会いが、
「ここ最近で一番嬉しかったこと」と話します。
大切に梱包され、段ボールに詰められた野菜と
そこに添えられたタネカらさんからのメッセージ。
徐々に交流を重ね、やがては、
腕をふるった野菜料理を2人にもてなすようになります。

そんな大好きな八百屋さんとのちょっといい関係を、
元コピーライターの竹花さんに、綴っていただきました。
(竹花さんの軽快で面白いエッセイは、2号の「随筆」でも読むことができますよ)

タネカら商店さんのおいしい野菜を使った、
グリーンライスサラダ、東南アジア風カレーの
レシピも教えていただきました。
暑くなると食べたくなるという、竹花さんいちおしの2皿です。(担当:小林)

竹花さん01

竹花さん02

干物は便利!

2020年05月27日

干物_DSC7317

干物は便利!
(6号「干物をいろんな食べ方で」)

外出自粛が続きますね。
食事係のみなさん、日々本当におつかれさまです。
私は、献立を考えるときは、「鶏もも肉があるから、から揚げにしようかな」といった具合に、家にあるたんぱく質から発想することが多いのですが、買う食材がいつも似たりよったりなので、同じような料理になりがち。
魚のメニューを増やしたくても、肉に比べて割高、しかも日持ちがしないので、スーパーでなかなか手が伸びません。そこで、焼くだけでおかずになる干物を買ってみるのですが、しだいに飽きて、3枚パックのうちの1枚がいつまでも冷凍庫に残っていたり。
そんな我が家の冷凍庫を覗きこみながら、「この干物を料理に使うことはできないだろうか?」と思ったのが、この企画のはじまりでした。
「生粋の魚好きの方に、ふだんから作っているメニューを教わりたい」と考え、ご登場いただくことになったのはこのお二人。
田口成子さんは「おさかなマイスター」の資格を持つ料理研究家で、干物のうま味と塩気で野菜がたっぷり食べられる、家庭的なメニューを教えてくださいました。
なかでも今の時季おすすめなのは、「アジの干物の冷や汁風そうめん」。自宅で試作したとき、あまりのおいしさに私一人で二人前を平らげてしまった逸品です(笑)。一皿でバランスよく栄養が取れるので、ランチにもぴったりです。
そしてもうお一人は、お酒が大好きで、干物を使ったつまみもよく作るというツレヅレハナコさん。
驚きだったのは、焼いた干物にディルをのせて食べる料理。さわやかな香りが、干物に本当によく合うんです。
「他の香味野菜も干物にのせてみてください、おいしいですよ」というツレヅレさんのアドバイス通り、長ねぎ、みょうが、青じそなどを刻んでのせてみましたが、なるほど! 干物にフレッシュさが加わって、新しいおいしさ。これを知ってから、昨晩焼いて残った干物を食べるときも、ウキウキするようになりました。
「食卓に新鮮さが欲しいな」と思っている方は、ぜひお試しください。(担当:田島)

当事者の人も、そうでない人も

2020年05月26日

等身大の介護_DSC7359

当事者の人も、そうでない人も
(6号「等身大の介護」)

もしも、親が認知症になったら……。
夫が体調を崩し、介助が必要な状況になったら……。
時折そんなことを思い浮かべながらも、
「介護」と向き合うことがなんとなく怖いという気持ちがあり、
考えることを先延ばしにしてきた自分がいました。

そんな、なんとなく怖いという思いを払拭してくれたのが、
「自分がお世話をしているようで、実は相手からたくさんのものをもらっている」という、
この記事の執筆者の一条道さんの言葉です。

一条さんがお母さんのお世話をするようになったのは、
5年前の35歳の時のこと。
最愛の父親が亡くなり、自分が母親の介護全般を担うことになった時、
一条さんはなかなかその現実を受け入れられなかったといいます。

そんななか、どのようにして介護と向き合ってきたのか……。
この特集では、一条さんに自身の介護生活を振り返っていただくとともに、
それぞれのかたちを模索しながら介護と向き合う、2組の家族を訪ねました。

取材に伺ったのは、新型コロナウイルスの感染が拡大する前でしたが、
その後、感染が広がるに伴い、
介護の現場にも深刻な影響が及んでいます。

一条さんも、今はお母さんがデイサービスに行く回数を週1回に減らし、
在宅勤務をしながら介護をしているそうです。
「自宅でオンラインの会議がある時は、ヘルパーさんに来てもらっています。
この状況のなか、母もストレスが溜まってきて、
表情が険しくなったり、口調が激しくなることが増えましたが、
何かあっても気にしない、注意しない……。
おおらかな気持ちを持つように努めたいなと思っています」と話してくれました。

どんな状況になっても、目の前の人と向き合い、見守っていく。
一条さんをはじめ、取材を受けてくださった2組の家族の姿からは、
当事者の人も、そうでない人も、
得られる気づきがたくさんあると思います。
(担当:井田)

食を、暮らしを、自分の手の中に。

2020年05月25日

有本葉子_DSC7322

有元IMG_3617

食を、暮らしを、自分の手の中に。
(6号「有元葉子の旬菜」)

料理家の有元葉子さんの新連載が始まりました。1年間6回の短期掲載です。
その季節ならではの食材を生かした、シンプルな料理をご紹介します。
第一回は、初夏の時季にしか味わえない新にんにくや新れんこん、新ごぼう、そしてぬか漬けのお話です。有元さんのふだんの食卓や、子どもの頃の食のエピソードを交えて、それぞれの料理をご紹介します。
まさに今が旬という食材の料理ですから、実は去年のちょうど今ごろ撮影をして原稿を書いた記事で、足かけ1年でお届けする頁です。
この連載のきっかけは、こんなことからでした。
あるとき、有元さんの撮影のあとに試食をしながら、皆でこんなことを話したのです。

「今は、スーパーに行けば、お惣菜、インスタント食品、『料理の素』や合わせ調味料……実に多種多様で便利なものがあふれている。でも、その多くは気が利きすぎていないだろうか」「人それぞれに『おいしい』という好みの感覚は違うはずなのに。家庭ごとの『うちの味』もなくなりそう」と。

忙しい毎日のなかでは、便利な食材を活用することも必要です。
でも、そればかりだとどうなるしょうか。
「すべて手作りしましょう」という話ではありません。家庭料理って、手間をかければよいというものではありませんから。でも、メーカーが作る商品はあくまでも「商品」です。それは、食べる人の身体や健康のことを第一に考えて作られたものとは限りません。
工場で一度に大量に作られたものと、家庭で自分や家族のために作るものは、違うのです。
有元さんは、「私は、納得して安心できる、おいしいものをきちんと選びたい」とおっしゃいます。素材をきちんと選ぶのは、安心のため、自分が納得するおいしさのため。そして、有元さんのふだんの食卓には、そんな素材を生かしたシンプルな料理が並びます。

いま私たちは、未曾有の経験をしています。
一時期、スーパーの棚から、インスタントやレトルト食品が、真っ先になくなりました。
そんなときでも、シンプルに素材を料理する力があれば、そうそう困らないはずです。たとえば、ぬか床があれば、それだけでもずいぶん豊かな食卓になるのです。
しっかりと自分の手で食べるには、生きるには、どんなことを感じて手を動かせばいいか。そのヒントになる有元さんのお話と料理をお伝えします。(担当:宇津木)

たとえ、ままならない日々でも

2020年05月23日

表紙02_DSC7271

たとえ、ままならない日々でも
――編集長より、最新号発売のご挨拶

青葉がいきいきと、生命力いっぱいに目に映る季節です。お元気でお過ごしですか? きっと、それぞれの立場でいろんな不便や苦労に向き合い、折り合いをつけながらの日々ではないかな、と想像しています。
私たち編集部は、3月下旬あたりから段階的に在宅勤務態勢に入り、6号は校正作業をメールなどでやり取りして進め、たがいにほとんど顔を合わさずに校了しました。こんなことは初めてです。
振り返って思うのは、確かに困難はあったけれども、手抜きはなかったな、ということ。いつもと変わらずに、いや、いつも以上にしつこく、あきらめ悪く、みなでギリギリまで推敲してつくりあげた号です。
どうか、みなさんのお手元に無事に届きますように。気分がふさぎがちな、苦しみの多い日々のなか、この一冊が少しでも役立つことができますように。そう胸の内で唱えて、朝昼晩と切れ目なく校正紙に向き合っていた気がします。

私自身は、在宅勤務のこの2カ月ばかり、気持ちが落ち込むことが何度かありました。6号のつくり込みがしんどかったこともありますが、次の7号で準備していた取材撮影をいくつも中止せざるを得なくなり、一冊の設計図をかなり変えなければならなくなったからです。
本来なら、「やりたいこと、やるべきこと」から企画を考えるべきなのに、「この状況下でもなんとかできること」から考え始めなければならない不自由さ、不自然さ。しかし当然ですが、埋め草的な記事はつくりたくない。さあ、どうしよう。どうしたらいいだろう。めずらしく、追い詰められました。
でも、ある晩、疲れ切って寝床に入ったときに、ふと思ったのです。自分はこれまでそんなに、順風満帆で、欠けることのない人生を送ってきただろうか。そんなわけがない。じゃあ、ここで一つ二つ、道をとざされたくらいで、何かが大きく損なわれたような気分になるのは、まったく甘いんじゃないかな、と。
みなさんは、ある日突然に「暮らし」が足元からぐらりと揺らぎ、途方に暮れたことはあるでしょうか。私は一度だけあります。もう遠い昔、大学に進学する前年のことですが、父親が病に倒れ、たった2カ月半ばかりの闘病の末に亡くなったのです。人生の短さに、自分の暮らしの弱さに、目がくらむようでした。思うような道に進めたのは、手を差しのべてくれる人がいて、また、いくつかの幸運が重なった、ただそれだけのことです。
いま、仕事を失って困窮したり、店を開けられずに負債を抱えたり、アルバイトができずに学業をあきらめざるを得ないなど、心底困り、途方に暮れている人たちがいます。他人事じゃない、と思うのです。全員が、区別されることなく、一刻も早く救われてほしい。携わる仕事によって、「役に立つ」「役に立たない」と、人を区別しないでほしい。たとえ自分も苦しく、助けるだけのゆとりは持てなかったとしても、人の暮らしを思いやる想像力を失いたくない。そう思います。

ここでは、もっと希望の持てるような明るくて前向きな話題、暮らしに役立つようなことを綴れたら、と思って何度かトライしたのですが、ごめんなさい、力不足で、まとまらない話になりました。
このところ、なぜかしきりに胸に浮かぶ詩があります。茨木のり子さんの「自分の感受性くらい」。あまりに有名な詩ですから、ごく一部だけ引用します。

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて
(中略)
初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった
 
駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

たとえままならない状況下でも、雑誌をつくり、受け止めてくれる人がいる、それはなんて幸せなことだろうと感じます。『暮しの手帖』はそもそも、終戦から間もないまだ貧しい時代に、人びとが新しい暮らしの価値観を模索するなかに生まれた雑誌です。弱い立場から懸命に声を上げて、ささやかだけれど、かけがえのない暮らしのために知恵と工夫を紡いでいく。そんな自分たちの出自を忘れずにやっていけたらと思います。
悩みや苦しみは深くても、そこから何かをつかめることを信じて。どうか、心身すこやかにお過ごしください。

『暮しの手帖』編集長 北川史織

北川IMG_1769
校了を目前とした4月下旬頃、同僚の上野さんから届いた、手づくりのガーゼマスク。つけると気持ちが明るくなります。

・海外宛の定期購読発送について 重要なお知らせ

2020年05月21日

新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大に伴い、
各国・地域において、国際郵便物の受け入れ停止等の措置が取られております。
そのため、日本から発送する国際郵便物の一部につきまして、
日本郵便による引き受けが停止されております。

「SAL便」は、全ての国・地域宛の引き受けが停止、
「航空便」「船便」につきましても、一部の国・地域宛の引き受けが停止
となっております。
詳しくは、下記の日本郵便ホームページをご覧ください。
国際郵便物の一時引き受け停止および遅延等について(日本郵便ホームページ)
https://www.post.japanpost.jp/int/information/2020/0423_01.html

『暮しの手帖5号』(2020年4-5月号)
3月19日に定期発送を行いましたが、
航空機の大幅な減便により、一部当社に返送されております。

『暮しの手帖6号』(2020年6-7月号)
引き受け停止に該当する国・地域にお住まいのお客様へは、
日本郵便による引き受けが再開され次第、お送りいたします。

5号の返送分と6号以降の新刊につきまして
「航空便」での発送が可能な国・地域宛でしたら、
「SAL便」でご予約いただいているお客様へも、
航空便に変更してお送りいたします(その際の送料の差額は小社が負担いたします)。
SAL便・航空便ともに発送が不可能な国・地域にお住まいのお客様へは、
日本郵便による引き受けが再開され次第、お送りいたします。

お届けが遅れますこと、心よりお詫び申し上げます。
ご不明な点がございましたら、営業企画部(eigyo2@kurashi-no-techo.co.jp)まで
お問い合わせください。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

やさしさに包まれます

2020年04月14日

11マッサージDSC_0110

やさしさに包まれます
(5号「ハンドマッサージを身につけよう」)

突然ですが、マッサージはお好きですか?
私は「特別なところで受けるもの」
というイメージがあって、あまり馴染みがありません。
街中でマッサージ屋さんを見かけても、
「いいなあ」と思いながらも素通りしています。

今回ご紹介するハンドマッサージは、
いつでも・どこでも・誰にでもできる、とても身近な技です。
教えてくださったのは、アロマセラピストの森聖子さん。
森さん自身、都内のサロンに勤務するかたわら、ボランティアとして
いろんな人の手に触れてきました。
まずは編集部で実践してもらい、その様子を取材しました。
大切なのは技術云々ではなく、手の感触にあるのだそう。
「難しいことは考えず、まずは触れてみることから」と森さんはおっしゃいます。
実際に私も受けてみましたが、森さんの手は本当に柔らかく、温かいのです。
両手で20分、心が満たされて、幸せな気持ちでいっぱいになりました。
誌面では、そんなハンドマッサージのコツや手順を丁寧に紹介しています。

この記事をつくっていたときは想像もつかなかったことですが、
いま、新型コロナウイルスが流行しています。
ハンドマッサージをする際は、手洗いやアルコール消毒を心がけていただけたら幸いです。
(担当:中村)

春の装いに、心浮き立つ刺繍を

2020年04月10日

10刺繍DSC_0097春の装いに、心浮き立つ刺繍を
(5号「ちいさな刺繍で春じたく」)

今日はちょっと元気を出したいという時や、ここぞという大切な時に、
手に取るハンカチがあります。
それは、成瀬文子さんがデザインを手がける「アトリエナルセ」の
月の刺繍のハンカチです。
こんなふうに心が浮き立つ刺繍を、身近なアイテムに刺すことができたら――。
そんな思いから、今回の企画は始まりました。

誌面では、ふわふわと舞い飛ぶたんぽぽの綿毛や、
花びらの数が少しずつ異なる小花、前述の月のモチーフなど、
どこか有機的だったり、遊び心が感じられる図案をご紹介しています。

「刺繍というと、図案通りにきっちり刺さなければと
考える方も多いと思いますが、今回ご紹介する図案はシンプルなものが多いので、
布地にざっくりと写し、あとは全体のバランスを見ながら
自由に刺していただいたら」と成瀬さん。
その言葉を思い出しながら実際に刺してみると、
「木の枝葉の伸び方を少し変えてみようかな。
この花は、花びらを6つにしてみようかな……」と、
どんどん楽しくなっていきました。

まずは、お好きな図案をひとつ、お手元のシャツや靴下、カットソーなどに
刺してみていただけたらと思います。
お子さんのものに刺すのも、おすすめですよ。
(担当:井田)


暮しの手帖社 今日の編集部