1. ホーム
  2. > Blog手帖通信

子どものあそびに魅せられ、描き続けた人

2019年04月12日

かこさとし01DSC_0074

●子どものあそびに魅せられ、描き続けた人
(99号「かこさとしさんと子どものあそび」)

「棒が一本あったとさ 葉っぱかな 葉っぱじゃないよ かえるだよ~」

みなさん、この絵描き歌をご存知ですか? 
歌を口ずさみながら描いていくと、かわいい「コックさん」が完成するこの絵描き歌、懐かしく感じられる方も多いのではないでしょうか。
子どものあそびは不思議です。同じあそびでも、口伝えで広がる中で、少しずつ変化していく……。
そんな子どものあそびの創造性に注目し、50年余りの歳月をかけて、絵描きあそびや石けり、鬼ごっこなどの「伝承あそび」を集めていたのは、「だるまちゃん」シリーズや『からすのパンやさん』などで知られる、絵本作家のかこさとしさんです。
集めたあそびの数は、なんと、およそ29万点!
昨年、惜しくも92年の生涯を閉じたかこさんですが、子どもたちのあそびを収集し続けた背景、そして、絵本を通じてどのようなことを伝えたいと考えていらっしゃったのか、その根底にある思いを知りたいというところから、この企画はスタートしました。
取材を通して浮かび上がってきたのは、子どもたちと同じ目線に立ってあそび、そのあそびを通して子どもを知ろうとする姿です。
「大人になっても、子どもの心を持ち続けた人」だと、娘の鈴木万里さんはいいます。
鈴木さんによると、晩年のかこさんは「草花あそび」をまとめておきたい、とよく口にしていたそうです。
「身近にある道端の草花だったり、アリやちょうちょうだったり、それが小さな子どもにとってはあそび相手であり、五感を鍛えてくれるもの」だから。
そんな思いを少しでもお伝えしたく、この企画の最後の頁では、かこさんがこれまでに描いた「草花あそび」の一部をご紹介しています。
この頁の制作中、息子と一緒に、ささ舟を作って川に浮かべてみました。そのときの子どものきらきらした表情といったら……! 
春のあたたかな陽気のなか、気になった草花あそびをみなさまにも試していただけたなら、うれしいです。(担当:井田)

かこさとし02DSC_0074

おいしくて安心な、ハム&ソーセージ

2019年04月10日

ハム_ソーセージDSC_0065

●おいしくて安心な、ハム&ソーセージ
(99号「じつはかんたん、手づくりソーセージとハム」)

ソーセージやハムは、そのまま食べてもおいしく、料理のコク出しに使ってもよい、便利な食材です。「子どもたちの大好物」「冷蔵庫に常備している」という方も、多いのではないでしょうか。
けれど、添加物の入っていない、肉本来の味が楽しめるものを買い求めようとすると……。うーん、なかなかのお値段です。そもそも、デパートや食肉専門店に出向かないと、良質な商品に出会うこと自体が難しかったりもします。
そこで、編集部は思い立ちました。「それならば、自分で作りましょう!」。相談にのっていただくべく、料理家の上田淳子さんのもとへ。
「ソーセージやハムって、手づくりできますか? 難しいでしょうか?」
「もちろん、家で作れますよ。メインの食材は肉と塩とコショーくらいです!」
シンプルな材料で作るソーセージとハム。やってみれば確かに難しいものではなく、そして、なにより、おいしい……!
私が特におすすめしたいのは、ソーセージ! 2メートルもの長い長~い腸詰めを成形していく作業の楽しいこと。おいしくて、安心で、しかも楽しい。いいことづくめです。もうすぐ春休み、ぜひ、家族みんなでワイワイとチャレンジみてくださいね。
(担当:島崎)

いのちといのちが近い場所

2019年04月05日

長野さんDSC_0035

いのちといのちが近い場所
(99号「潜って捕る。そして食べる。」)

宮古島は平良にある、一軒のフランス料理店。そこで出される魚料理が、いかにおいしく、いかに特別か、ということを力説して教えてくれたのは、カメラマンの長野陽一さんでした。
「ただおいしいだけじゃないんです。なにせ、魚たちはシェフの高野さんが海に素潜りして捕ってきて、さばいて、料理しているんですから……!」。
長野さんは、シェフとともに海に潜り、高野さんが魚を捕る様子を写真におさめたいのだ、と言いました。
澄んだ鮮やかなブルーの海で繰り広げられる素潜り漁の一部始終。
いのちといのちが対峙する、真剣で真摯な瞬間。
この企画は、長野さん渾身の海中ルポルタージュです。

(担当:島崎)

白いご飯がすすむすすむ!

2019年04月03日

乾物01DSC_0055

白いご飯がすすむすすむ!
(99号「乾物上手は料理上手」)

「忙しいとき、作る人の助けになる料理」。
これは、近年制作した小誌の別冊、『暮しの手帖のシンプルレシピ』
『暮しの手帖のクイックレシピ』『これでよゆうの晩ごはん』などの根幹にある趣旨です。
限られた時間で手早く作れて、特別な材料や技術が必要ないレシピ。
そしてもちろん、一番大事なのはおいしいこと。ただ早く作れれば、簡単にできれば、
というばかりでは少しさみしいですから。

そんな本づくりのなかでよく登場して、文字通りいい味出してる食材が、
乾物だなって、気づいたのです。
香りもうま味も、ぎゅっと凝縮されていて、乾物を加えるだけで、ぐっと深い味わいになる。
ああ素晴らしき哉、乾物。
常温でストックしておけるのも大きな魅力ですね。

でも、使いかけの乾物の袋がずっとキッチンの棚にある、なんてことありませんか?
そう、乾物を上手に使いこなせたら、それが料理上手へステップになるのでは?
そこで、教えを請うたのは、有元葉子先生です。
有元先生ご自身が、ひじきやきくらげ、乾燥豆などが大好きで、
ふだんの料理に活用されています。

「乾物といえば、和の煮もの」と思いがちだけど、
それでは、毎日たっぷりというわけにはなかなかいきませんね。
そうか、洋風に中華風にと、もっといつものおかずに幅広く使えれば。
そう考えて教えていただいた、8品の料理を掲載しています。

撮影後の試食では、なかでも特に「きくらげと豚肉の辛味炒め」がすごかったのです。
きくらげ独特の食感とうま味、豚肉とともに、ピリ辛のしっかり味をまとって、
白いご飯が何杯も食べられてしまう。おかわりして、たっぷりいただきました。
そして「干し椎茸の中華風汁そば」や「裏白きくらげの中華和え」。これも絶品です。
さらに「ひじきとベーコンのパスタ」は、目からウロコのイタリアン乾物料理です。
食べる人の箸が進むこと間違いなしのレシピばかりです。
ぜひお宅の棚にある乾物を、今日はちょっと違った料理に生かしてみてください。
(担当:宇津木)

乾物02DSC_0055

・オフィス移転のお知らせです

2019年04月02日

いつも『暮しの手帖』をご愛読いただきまして、ありがとうございます。
暮しの手帖社は、3月末で新宿のオフィスから内神田へ引っ越しをいたしました。
4月1日以降の連絡先は、下記になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

◎移転先
住所:〒101-0047 東京都千代田区内神田1-13-1 豊島屋ビル3F
電話番号:03-5259-6001(代表)

内神田に引っ越してきました!

2019年04月02日

190401IMG_0728

いよいよ新年度がはじまりましたね。
私たち暮しの手帖社は、まさに今日、十数年過ごした北新宿から、ここ内神田に引っ越してきました。
社屋がしだいに老朽化し、引っ越しを考え始めたのは、確か2年ほど前。
みなで物件を探し歩き、「ガスコンロのあるキッチンを設置していいですよ」というビルとめぐり合えたのは、昨年の夏の終わりくらいでした。
そう、私たちの仕事には料理レシピの試作が必須、キッチンがなくてはならないのです。
物件が決まってから半年余り、キッチンをはじめとする内部の設計に頭を悩ませ、1カ月くらいの工事を経て、今日を迎えることができました。
心機一転、さあ頑張ろう! という気持ちで、みなドキドキしています。

いま編集部は、5月25日に発売となる100号と、続く第5世紀1号の制作に取り組んでいます。
昨年9月の70周年のときもしみじみと感じましたが、広告のない雑誌を、こうして1号1号つくり続けることができるのは、みなさまが読んで支えてくださるからこそ。
本当に、ありがたいことです。
新天地にて、新しい世紀に入っていく私たちを、どうかこれからもお支えください。
そして、今日から新しい環境でお過ごしのみなさま、くれぐれもご無理をなさいませんように。(副編集長・北川)

はじまりの季節です。

2019年04月01日

駆け出しDSC_0096

はじまりの季節です。
(99号 「誰もがみんな駆け出しだった」)

第一線で活躍しているあの人にも、
「駆け出し時代」がありました。
最初は、うまく行かないことも多く、
迷うこともあったでしょう。
悩みながらも経験を重ねたその先で、
それぞれに、見出した仕事の流儀――。

編集部では、
俳優のキムラ緑子さん、
プロレスラーの長与千種さん、
劇作家の平田オリザさん、
そして、水中写真家の中村征夫さんの4名に、
下積みの頃の思い出話を伺いました。

才能に溢れる方々にも、
新人の頃があり、最初の一歩は私たちと一緒でした。
当たり前のことですが、
それだけで、なんだか、勇気づけられます。

春。
はじまりのこの季節に、
働くことのヒント、
自分自身を信じて、追求していくことの尊さを、
たくさんの方にお届けしたいと思います。

(担当:中村)

裸の自分で生きる

2019年03月29日

ワンピースのおんなIMG_0690

裸の自分で生きる
(99号「ワンピースのおんな」コジママサコさん)
50代以上の輝く女性が、その人らしいワンピースを身に着けた1枚のポートレイトと、短い文章で構成する連載企画ページ「ワンピースのおんな」。
たのしみにして下さっている読者も多く、連載開始から今年で10年目となります。
99号では、自由におしゃれを楽しまれているインスタグラムで人気のコジママサコさんにご登場いただいています。「裸の自分で生きられるようになった」というコジマさんの言葉、その佇まいには、凛とした魅力があふれています。(担当 佐藤)

気負いなく作れる、華やかなお菓子です。

2019年03月28日

マンディアンDSC_0090

気負いなく作れる、華やかなお菓子です。
(99号「絵を描くような渡辺有子さんのマンディアン」)

「マンディアン 」とは聞き慣れぬ名ですが、
今回ご紹介するのは、デパートや洋菓子店などで時折見かける
ナッツやドライフルーツをのせたあのチョコレートです。
写真を見れば、思いあたる方もいらっしゃるかもしれません。

料理家・渡辺有子さんオリジナルのマンディアンは、
なんでも忘れられない美味しさらしい……と聞いて買いに走ったのは数カ月前のこと。
板チョコ状のマンディアンを割って食べてみると、
カリッとしたナッツの食感、ドライフルーツの酸味や甘みがチョコレートと合わさって、
渾然一体の味わいと言いましょうか……うーむ、これはびっくりする美味しさ。
絶妙な味や食感のバランス、そして華やかな見た目にも、
渡辺さんの工夫がぎゅっと詰め込まれているような気がしました。
どうしたらこんな風においしく作れますか? というのが、この企画の始まりです。

今回は、基本のナッツとドライフルーツに加え、
渡辺さんならではのトッピングのアレンジ4種と、ベースのチョコレートをとびきり美味しくするテンパリング(チョコレートの温度調整)の作業もご紹介。
難しいと思われがちなテンパリングですが、
おいしいマンディアンを作るためには、ぜひトライしてほしいところ。
というのも、滑らかな口どけや風味の良さ、パリッとした食感など、
チョコレートの美味しさはテンパリングによって生まれるからです。

温度計を使い、チョコレートを混ぜるヘラの感覚に意識を向ければ、
このくらいかな、という勘どころはきちんと掴めるのでご安心を。
それに、もし失敗してしまっても大丈夫。水分が混ざらない限り、何度でもやり直せます。この安心感に試作中、何度救われたことでしょう……。

テンパリングをして、トッピングをのせる。
たった2工程ですが、おいしく、美しくなるように、と集中して作業すると、作っている方も満たされた気持ちに。粉を使う洋菓子よりも気負いなく作れて、描くような楽しさがあるのが何よりも良いところだなぁと感じます。

ちなみに、編集部で試食をした際は、実山椒と粗塩の組み合わせがいちばん人気でした。
甘いものが苦手な方も食べやすく、お酒と合わせるのもおすすめです。他の4品も、必食ですよ。ぜひ渡辺さん直伝のコツをご覧になって、作ってみてくださいね。
(担当:佐々木)

こんなお弁当を待っていた!

2019年03月27日

クイック弁当01DSC_0038

こんなお弁当を待っていた!
(99号「3つの素材で勝負! 料理家3人のクイック弁当選手権」)

お弁当を作るときの一番の課題は、
「忙しい朝に、いかに手早く、おいしく作るか」ですよね。

いくらおいしくても、作る時間はかけられない。
かと言って、ちゃちゃっと作ったら、味はイマイチ。
これではがっかりしてしまい、続きません。
実はわたしも、今までに何度も
お弁当作りを始めては、挫折……のくり返しでした。

そこで、料理家のコウケンテツさん、堤人美さん、藤井恵さんに
次のようなお弁当を考えていただきました。

・使う素材は3つだけ
・おかずは1品か、2品か、3品
・作りやすい手順で
・食べるときに、わくわくするような工夫を

こんな夢のようなお弁当が、果たしてできるのか!? 
ドキドキしながらご相談したところ、お弁当作りの経験がある3人は、
実体験で得てきたアイデアを盛り込んだ、
個性あふれるユニークなお弁当をご提案くださったのです。

わたしも試してみたところ、思っていた以上に、
品数は少なくても満足感のあるお弁当になると実感。
「これでいいんだ」と気持ちが軽くなりました。

新生活に向けてお弁当作りを始めたい方にも、
日々のお弁当にマンネリを感じている方にもおすすめです。
ぜひお試しください。(担当:平田)

クイック弁当02DSC_0018

足元に咲く、春の野草をいけてみませんか?

2019年03月26日

春の花を生けるDSC_0089

足元に咲く、春の野草をいけてみませんか?
(99号「春の野草をいける」)

ある日の美容院でのこと。手にした本には、身近な草花がお皿や器などにいけられた写真がずらり。草花たちの、自然でやさしくて、どこか凛とした佇まいの姿にくぎ付けになりました。いけているのは、花の教室「日々花」を主宰されている、雨宮ゆかさんです。
なんてすてきなんだろう、私もそんなふうに、いけられるようになりたいな。そんな気持ちがきっかけで、雨宮先生の花教室に通い始めました。

草花をいけると、季節を肌で感じられたり、思わぬ姿への変化に驚いたり……。毎日愛でると、植物の性格が伝わってきておもしろく、小さなたのしみが出来ました。わたしは一人暮らしですが、なんだか同居人がいるような気持ちです。

今回、身近な春の草花を中心に、器や、焼き菓子の型などに自由にいけられた作例をたっぷりとご紹介しています。いけ方のコツも教えていただきましたので、ぜひ暮らしのなかで、小さな春をたのしんでいただけたらうれしいです。

打合せ日のお昼に、写真家のご主人、雨宮秀也さんが手作りのフキノトウ入りフォッカッチャを焼いて下さったことも忘れられません。春の便りのような、ほんのりとした苦味がとてもおいしかったです。(担当:佐藤)

かわいいコックさんはかわいかった。

2019年03月25日

表紙_右DSC_0026

◎かわいいコックさんはかわいかった。
──編集長より、最新号発売のご挨拶
43ページをご覧ください。
1ページ大でど〜んと「かわいいコックさん」が!
あれですよ、あれ。「ぼうがいっぽんあったとさ〜♪」のあれです。
こういった子どもの伝承あそびを約29万点、日本全国から採集、分類し続けた人物がいた。
その人こそ、かこさとしさん。「だるまちゃん」シリーズなどでおなじみの絵本作家です。

この「かわいいコックさん」(単に「コックさん」とも)、みんなちょっとずつ描き方や歌がちがうんですよね。むかし「ぼくのはね、」「あたしのは、」って、おおぜいで披露しあった記憶があります。あなたのはどんなでしょう?
余談ですが、以前バリ島に行ったときのホテルでインドネシア料理を教えてくださったシェフは、小柄でクルクルまなこ、コック帽をかぶってキョトンとした感じで立っていました。ひと目見るなり同行の妻と「かわいいコックさんだ!」と同時にささやき合ったものです。いや、ほんとにかわいかったんですよ。

記事のご紹介は後日、担当者にゆだねるとして、かこ先生が生涯つらぬかれた「子ども」へのまなざし。親から子へ、歳上から歳下へと伝えていく「あそび」の大切さを、ぼくはつくづく思うのです。
鬼ごっこ、ささ舟、石けり、紙芝居……原っぱや庭、山や海や川で、自分の手足、体を思いっきり使い、工夫をこらしてあそんだ「あれ」が、どれほど滋養のあるものであったことかと。
もし、子どもと過ごす機会があったら、たまにはコンピュータゲームやスマートフォンを小休止、塾通いとかも一日お休みしてもらい、どこかの空き地で「けんけんぱっ」ってやりませんか? 「コッペパンふたつくださいな」とか。

もちろん、子どもだけではありません。
今号の本誌をご覧ください。
自分で海に潜って魚を捕り調理する、道ばたに咲く春の花をいける、四角と三角に裁った生地で春夏のカーテンを縫う、ソーセージやハムを手づくりで……等々、みんな「あそび」のように楽しそう。
あそびは発案と工夫がいっぱいで、人が人に伝えていく大切なわざであり、暮らしの知恵なのだな、と改めて。

第4世紀の『暮しの手帖』も、99号になりました。
次号で100号。その次はまた新しい世紀の第1号となります。

編集長・澤田康彦

sawada

春休み中の娘(小六・京都)にも歌って描いてもらいました。彼女のは耳がなかった!


暮しの手帖社 今日の編集部