1. ホーム
  2. > Blog手帖通信

所要時間5分から! 気楽にできる “小掃除”を

2021年05月28日

所要時間5分から! 気楽にできる “小掃除”を
(12号「いまこそ、小掃除」)

昨年末の大掃除から、あっという間に半年が過ぎました。
家で過ごす時間が増え、
以前よりあちこちの汚れが目につきやすくなったと感じる方も
多いのではないでしょうか。
私もキッチンに立つたび、「そろそろ換気扇の掃除を……」と
気になりながら、なかなか重い腰が上がらなかった一人です。

「いまの時季は、“小掃除”をするのにぴったり」と、
ナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえさんは言います。
暖かいから水を使う掃除が苦にならないこと、
油汚れが落ちやすく、掃除後の乾きも早いことなどがその理由です。
また、このタイミングで“小掃除”をしておくと、
カビ予防や、年末の大掃除の軽減などのメリットもあるのです。

今回ご紹介するのは、
重曹、クエン酸、過炭酸ナトリウム、アルコール、石けんの5つの洗剤で、
キッチンと浴室を掃除する方法です。
「重曹やクエン酸は使ったことがあるけれど、あまり汚れが落ちなかった」
そんな経験のある方にこそ、試していただきたいと思います。
ポイントは、洗剤を「効果的な温度、濃度」で使用すること。
これを守るだけで、汚れ落ちがぐんと良くなります。

換気扇をはじめ、排水口や冷蔵庫の自動製氷機、浴室の鏡や風呂釜など、
場所別に “小掃除”の手順をご紹介しています。
5分、10分で取りかかれるものもありますので、
すき間時間を利用して、気楽に“小掃除”をしていただけたらと思います。(担当:田村)

おうちカットの時間

2021年05月27日

おうちカットの時間
(12号「気持ち晴れ晴れ ヘアカット」)

昨年、初めて母の髪を切りました。
襟足が伸びて気になっていたので、少し整える程度ですが、
ハサミの入れ方で印象が変わるので責任重大です。
失敗しないかな? と心配しながらも
ハサミを持つとワクワクした気持ちがふくらんできます。
お風呂場で椅子に座り、ゴミ袋をかぶってスタンバイする母と
大笑いしながら、たのしいひと時を過ごしました。
仕上がりも意外に気に入ってくれて、よろこんでもらえました。

この特集は、そんな経験をもとに発想し、
自宅で少しだけ髪を切って整える方法を、
美容師の塩田勝樹(かづき)さんに教えていただきました。
失敗しにくいコツは、
「髪を小分けにして、少しずつ、少しずつ、切ること」です。
「少しくらい曲がっても、切りすぎたとしても、
切ってあげたり、切ってもらったりする関係がすてきだと思います。
その時間を大切に、たのしんでもらえたらうれしいです」
との塩田さんのメッセージが胸に残りました。

晴れた日には、お庭やベランダでのカットも気持ちよさそうですね。
髪が整うと、心も元気になります。
ぜひ、ご家族やご友人とチャレンジしてみて下さい。(担当:佐藤)

初夏を楽しむ! のどごしつるり、初夏の麺

2021年05月26日

初夏を楽しむ! のどごしつるり、初夏の麺
(12号「冷やし麺、はじめました。」)

そろそろ、冷たい麺料理が食べたくなりませんか?
「冷やし中華、はじめました」という短冊を中華料理店の店頭で目にすると、
「ああ、夏が来たんだな」と思い、お腹が鳴ります。

「昨年の自粛期間には、いろんな麺料理を作りました。
家にある材料を使って、少しのコツと工夫で、
ひと味ちがう冷やし麺ができますよ」と、料理家の堤さんは言います。
家族で食卓を囲むことが多くなったからこそ生まれた、
豊富なメニューを教えてくださいました。

ご紹介するのは、
堤さんの「ご家庭の味」がベースとなった冷やし中華をはじめ、
トマトやきゅりなどの夏野菜や、
ひき肉や豚小間切れ肉など、おなじみの食材を使ったレシピです。
ナムプラーやコチュジャンなどをアクセントにして、
ベトナム風、韓国風などを味わえるのも楽しいですよ。

休日の昼食にはもちろん、具材にボリュームもあって、夕食にもぴったり!
おいしくて、楽しい気分になる冷たい麺料理を
ぜひ、お楽しみください。(担当:山崎)

「あたらしさ」と出会いたい

2021年05月25日

「あたらしさ」と出会いたい
——編集長より、最新号発売のご挨拶

各地で梅雨入りし、むしむしする日が続きますね。お元気でお過ごしでしょうか?
この「ご挨拶」を書くのは、いつも発売の数日前なのですが、今日は雨のなか、京都へ向かう新幹線で書いています。新幹線に乗るのは、ほんとうに久しぶり。京都で暮らす、ある作家の方のもとへ、次号の表紙の原画を受け取りに伺うのですが、どんな絵なのか、とっても楽しみです。
いま、私の目の前には、できたてほやほやの最新号があります。表紙画を手がけてくださったのは、画家の今井麗さん。大きく豪快にカットされたメロンに、うっすらと透けた生ハムがのった食卓の情景は、鮮やかで、初夏のよろこびが生き生きと伝わってくるよう。
モチーフの「生ハムメロン」は、今井さんの幼少期の、ある思い出と結びついています。ちょっと意外で愉快なエピソードは、169頁に今井さんが寄せてくださった文章でお楽しみください。

今号の始まりの記事「わたしの手帖」には、「毎日があたらしいから」というタイトルをつけました。
主人公は、ピアニストの舘野泉さん。ご存じでしょうか、 20代でフィンランドに渡り、世界中でコンサートを開いて活躍。60代半ばに脳出血で倒れ、右手が使いにくくなるものの、左手だけでピアノを奏で、84歳のいまも現役でいらっしゃいます。
きっかけは、昨年11月10日に東京オペラシティで開かれた、演奏生活60周年のコンサートにお伺いしたことでした。プログラムを開くと、「苦海浄土」といった言葉のつく難解そうな曲名が並び、ほとんどの曲に、「※世界初演」と添えられています。自粛生活のなか、生の音楽に久しぶりに触れたくて足を運んだのですが、正直なところ、「理解して楽しめるかなあ」と不安がよぎりました。
ところが、いざ演奏が始まると、これがもう、とにかく素晴らしいのです。耳なじみのないメロディの流れに身をひたしていると、どこか知らない土地に運ばれて、シュールかつ美しい風景を目にするよう。「左手だけで弾いている」なんて、すぐに忘れて没頭していました。
ああ、音楽の力って、すごいな。84歳になっても、こんな「あたらしい曲」に挑める舘野さんって、どんな方なんだろう。
単純ですが、いつもだいたいそんなふうにして、記事は生まれていきます。

東京のご自宅でお会いした舘野さんは、飾らず、偉ぶらず、なんともチャーミングな方でした。脳出血で倒れ、リハビリを経て復活を遂げた話は、言葉を探しながら誠実に答えようとしてくださる。妻で声楽家のマリアさんとの馴れ初めや、日々の炊事の分担、ときどき勃発する夫婦喧嘩の話は、ユーモラスに。
とりわけ印象的だったのは、「脳出血で倒れたときよりも、コロナの影響でコンサートができない時期のほうが辛かったかな」とおっしゃったことでしょうか。音楽は、聴く人たちと心を通い合わせるように、会場が一体となって完成されるもの。コンサートのステージに立つと、自分でも知らなかった音が鳴り、「あたらしい自分」が生まれるのだと。

いまは、誰もが息苦しさを覚えつつ、それぞれの暮らしの小さなよろこびを心のよりどころにして、日々を歩んでいるのではとないかと思います。
舘野さんのように、毎日「あたらしい自分」であり続けるのは、とてもむつかしい。それでも、考えること、深く感動すること、自分の思いを言葉にすること、他者を思いやることを忘れずにいたい。そんなことを考えながらこの記事をつくり、一冊を編みました。
今号より、料理家の枝元なほみさんによる新連載「食べる、生きる、考える」が始まります。「台所の窓を開けて社会とつながりたい」と語る枝元さんが、社会のどんな部分に疑問を抱き、少しずつでも変えたいと願っているか、その柔らかな語りに耳を傾けて、ご一緒に考えていただけたらと思います。
そのほかの記事も、担当者が明日から一つずつご紹介していきますので、ぜひお読みください。

あっという間に、京都に到着です。どうか、みなさまの毎日が、健やかで、あたらしいよろこびに満たされますように。

『暮しの手帖』編集長 北川史織

・5世紀11号「詩が悲しみに寄り添えるなら」訂正文

2021年05月12日

11号にて誤りがございました。
「詩が悲しみに寄り添えるなら」121頁で、
「彼女が伴侶である三浦安信を喪ったのは、一九七五年、結婚して十七年目」と記しましたが、正しくは、「二十七年目」です。
読者の皆様、ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

終了・営業部契約社員募集のお知らせ

2021年04月12日

下記の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

暮しの手帖社では営業企画部員を若干名募集しております。
待遇・労働条件をご確認いただき提出書類をお送り下さい。
書類選考のうえ、次の選考に進まれる方には面接の日時をお知らせします。
ご応募をお待ちしております。

職務内容
書籍・雑誌などの販売に関わること全般、外勤営業あり
待遇:当社規定による 待遇・労働条件はこちらをご覧下さい。

就労開始時期:2021年7月以降を予定

提出書類
1.履歴書
利用可能なメールアドレスを履歴書に必ず記載下さい。
2.職務経歴書(書式自由、出来るだけ具体的に記入して下さい)
3.作文「雑誌『暮しの手帖』について」(800字以内)
※400字詰原稿用紙の形式で2枚 手書きでお願いいたします
欄外に必ずお名前をご記入下さい。

応募締切:5月14日(金)(郵送のみ受付、当日消印有効)
選考:書類選考のうえ、6月1日(火)にご連絡いたします。
面接予定:一次面接 6月7日(月)~
二次面接 6月21日(月)~

※個人情報は当社にて厳重に管理し、選考以外の目的では使用いたしません。
※送付書類の返却はいたしませんので、あらかじめご了承下さい。

応募先:〒101-0047
東京都千代田区内神田1-13-1 豊島屋ビル3F
株式会社暮しの手帖社 採用係
recruit@kurashi-no-techo.co.jp
本件に関するお問い合わせは、メールにてお願いいたします。

孤独を糧に生きた人

2021年04月08日

孤独を糧に生きた人
(11号「銅版画家・南 桂子 夜中にとびたつ小鳥のように」)

こんにちは、編集長の北川です。
年に数回は足を運ぶ、好きな美術館がいくつかありますが、日本橋蛎殻町にある「ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション」もそのひとつです。
ここは、世界的な銅版画家である、故浜口陽三さんの個人美術館。黒いベルベットのような背景に、ぽっと浮かび上がる真っ赤な「さくらんぼ」ほか、その作品を観れば、「ああ、知っている」と思う方も多いことでしょう。
浜口さんの作品に惹かれて通ううちに、同じ展示室に飾られた数点の作品が、妙に心にひっかかるようになりました。少女、小鳥、木々、お城、蝶……。精緻な線で描かれた世界は、ひと口で言えば「メルヘン」なのですが、静けさ、孤独感、寂寥感がみなぎっていて、ちょっと「こわい」くらいです。
解説を読むと、これらは浜口さんの妻、故南桂子さんの作品とあります。1950年代からパリで暮らし、80年代にはサンフランシスコへ移住して、晩年近くまで海外を中心に活躍したふたり。夫婦であっても、そして同じ銅版画でも、まったく違っている作品。
いったい、南桂子さんとはどんな人だったのだろう? この時代に日本を離れて40年以上、作家としてどんな人生を歩んだのだろう? 
興味を抱き、学芸員の方にお話を伺ったのが、今回の記事を編むきっかけでした。

取材をはじめたのは、昨年の4月上旬、東京に緊急事態宣言が出される直前のこと。まず拝見したのは、南さんが遺した夥しい数のアクセサリーですが、どれも変わっていて、少しの毒を感じさせ、そして美しい。これらを選んだ南さんという人はきっと、自分というものを知っていて、人と同じように無難に生きることを好まなかったに違いない。そう想像しました。
さらに、詩人の谷川俊太郎さんほか、交流のあった4名の方々にお話をお伺いすると、南さんの人となりが少しずつ浮き彫りになっていく……。それはまるで、いくつもの版を重ね刷りして、亡き人の像を結ぶかのごとく作業でした。
いま、南さんの作品を観ると、この状況下で誰もが抱える「孤独」を静かに分かち合えるような、不思議な穏やかさが胸をあたためるようです。もしかしたらそれは、孤独を糧にした人だからこそたどり着けた、ほんとうの心の平安なのかもしれません。
記事でご紹介した5点の作品と表紙の作品は、下記の展覧会にて、前期・後期に分けて展示されます。原画のすばらしさを、ぜひ味わっていただけたらと思います。(担当:北川)

◎南桂子生誕110年記念「蝶の行方」展
会期:2021年4月10日(土)〜8月9日(月・振休)
※前期(4月10日〜6月6日)、後期(6月12日〜8月9日)で作品の入れ替えをします。
場所:ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション(東京都中央区日本橋蛎殻町1-35-7)
https://www.yamasa.com/musee/

悲しみは、ちから

2021年04月07日

悲しみは、ちから
(11号「詩が悲しみに寄り添えるなら」)

こんにちは、編集長の北川です。
いつからか、電車に乗って前に座る人びとを眺めるときなど、
「この人たちも、きっと、誰かを失った悲しみを抱えて日々を送っているのだろうな」
という思いが胸をよぎるようになりました。
自分も、身近な人を亡くす経験をいくつか積んで、ふとした瞬間に思い出すと、涙がにじむようなことがあるからかもしれません。
一方で、その人が生きている間にかけてくれた言葉、分かち合った何気ない出来事が、光る小石のように胸の底に確かにあって、ときに自分をあたためてくれるようにも感じています。

この企画は、東日本大震災から10年が経つことに思いをめぐらせて生まれました。
あのとき、多くの人が大切な人を失い、大切な場所を失いました。
「被災地」と呼ばれる土地の多くは復興しつつあると報じられていますが、目に見えるものが取り戻され、年月が過ぎれば、人の心は癒えてゆくものなのでしょうか。
もちろん、同じ災害で、同じく家族や近しい人を失ったとしても、その経験と悲しみは人それぞれであり、同じであるかのように語ってはならないでしょう。
さらに、この10年の間にも、各地で起こったさまざまな災害によって多くの「いのち」が失われ、いまは未知のウイルスが暮らしに影を落としています。
私たちは、人生に降りかかる「悲しみ」の経験にどう向き合えばいいのか。悲しみは、どうしたら癒やせるものなのか。
そんなことを、批評家で随筆家である若松英輔さんとお話しするなかで、若松さんは、こんなふうにおっしゃいました。
「何かを失って悲しみ、苦しむというのは、それだけ、愛すべきものがこの世にあったということですね」
「悲しみは、一人ひとりで違う、固有のものですが、人は悲しみを抱くことで、共振、共鳴できるように思います」
「よく、『悲しみをちからにする』といった言い方をしますが、それはやや違っているように思います。おそらく、悲しみこそが、生きるちからであり、私たちを明日へと運んでくれるものなのです」
そんなやりとりを経て、今回、若松さんが綴ってくださったのは、ご自身が喪失の深い悲しみから否応なしに詩を求めるようになり、10年の歳月のなかで見いだしていった、「悲しみに寄り添う詩のちから」についての随筆です。
たとえ、詩になじみがなかったとしても、失う悲しみを経験した方であれば、「ああ、この感覚はわかる」と胸に落ちるものがあることでしょう。
一人ひとりが人知れず抱えている、その固有の悲しみと、心静かに向き合うために。ぜひ、お読みください。(担当:北川)

いざという時に慌てないために

2021年04月06日

いざという時に慌てないために
(11号「もしもに備える 救急箱」)

お腹が痛くなったり、皮膚がかゆくなったりといった不調は、突然起こります。
そんな時、自宅の救急箱に必要な薬がなかったり、
使用期限が切れていて使うのをためらった経験はありませんか。

この記事を編むのに先立って、
編集部員20人に自宅の救急箱にどんなものを備えているか尋ねたところ、
家庭によって備えの程度にかなり差があることがわかりました。
「近くに薬局があるので、市販薬は常備していない」という人がいる一方で、
「解熱鎮痛薬だけで成分違いの6種類を備えている」という人も。

私も改めて自宅の救急箱を開けてみましたが、
恥ずかしながら半分近くが期限切れ。
使い切って外箱だけになっているものまであり、
自分が救急箱の管理を怠っていたという事実に気付きました。

コロナ禍で、気軽に病院に行くことがためらわれる現在。
備えておくと役立つ市販薬や衛生用品を、
薬剤師の高橋洋一さんに教えていただきました。
また、薬の保管方法や、薬剤師との付き合い方についてもご紹介しています。

記事を参考に救急箱の中身を点検し、
それぞれの家庭で必要なものを備えるきっかけにしていただけたらと思います。(担当:田村)

連載最終回です。ありがとうございました

2021年04月05日

連載最終回です。ありがとうございました
(11号連載「有元葉子の旬菜」)

「有元葉子の旬菜」では、有元さんの暮らしのなかに生きている、季節ごと旬の食材を使ったレシピをご紹介してきました。
その季節にぜひ味わいたい旬の食材とは。どんなふうに選んでどう料理すると一番おいしいか。1年、6回にわたってうかがいました。
連載第一回は、新れんこんなどの「新」が名につく野菜と、ぬか漬けをご紹介しました。初夏の瑞々しい香りや食感を生かして味わうためのレシピでした。
この連載が始まるにあたって、昨年このコーナーで次のように書きました。
「いま私たちは、未曾有の経験をしています。
一時期、スーパーの棚から、インスタントやレトルト食品が、真っ先になくなりました。
そんなときでも、シンプルに素材を料理する力があれば、そうそう困らないはずです。たとえば、ぬか床があれば、それだけでもずいぶん豊かな食卓になるのです。
しっかりと自分の手で食べるには、生きるには、どんなことを感じて手を動かせばいいか。そのヒントになる有元さんのお話と料理をお伝えします」
コロナ禍での暮らしも、ずいぶん長くなりました。私たちは、様変わりした生活習慣に自身を慣らしていくことも、少しずつできてきたように思います。
いま一度、この連載で有元さんが伝えてくださったこと、心に残っている言葉をよく考えてみます。
最初の取材で、有元さんはおっしゃいました。
「私は、あまり食べるものを人任せにしたくないのです。納得して安心できる、おいしいものをきちんと選びたい」
きちんとおいしい食材を選べば、簡単な料理でも充分においしいものです。
「出来合いの味」を買うのではなく、自分の体調や好みに合わせた「おいしい」を作る。
「料理の楽しさ」のひとつは、自分が本当においしいと思うものを自分の手で作ることだと思います。
今号では、竹の子、ワカメ、真鯛、そら豆、アスパラなどの春の素材、ことにその取り合わせの妙に着目した料理をご紹介しています。
今回も、料理を楽しむいくつものヒントを教わりました。この春も、ぜひおいしい「旬菜」を味わいましょう。
この連載は、今号が最終回です。季節をひと巡りしてちょうど1年間でした。
ご愛読くださり、誠にありがとうございました。(担当:宇津木)

たとえ気づくのが遅くても

2021年04月02日

たとえ気づくのが遅くても
(11号「生きることは、楽しいことばかり」)

ある日、編集者の田中和雄さんのご自宅の前に立ちながら、
取材陣(特に私)はとても緊張していました。

取材前はいつも緊張するものの、
田中さんは、詩と絵本の出版社「童話屋」の創設者であり、
名だたる詩人や絵本作家と仕事をともにしてきた方。
86歳である今も、現役で本の制作をしていると聞いていたので、
もしかしたら、厳格な方なのではないか……と、
すっかり気持ちが萎縮してしまったのです。

ところが、ドアを開けた田中さんの穏やかな表情を見たとたん、
ほっと気持ちが和らぎました。

「僕は、遅れてきた青年だから」
取材中、田中さんはくり返しそう話していました。

童話屋の前身である「童話屋書店」を始めたのは42歳のとき。
小学校で詩の授業を始めたのは、70代も半ば。
「何かに気づくのも、始めるのも遅いんです。
でも、どこかで気づけばいい」

そう笑う田中さんの姿を見ていると、焦って先を急ぐばかりではなく、
身のまわりのことにゆっくり目を向けてみよう。
そんな気持ちが湧いてきました。
誌面を通してみなさまもぜひ、田中さんの言葉に
耳を傾けていただけたらと思います。(担当:井田)

社会を少しずつ変えていくために

2021年04月01日

社会を少しずつ変えていくために
(11号「ファミリーホームを知っていますか?」)

みなさんにぜひご紹介したい、すてきな女性に出会いました。
吉成麻子(よしなり・あさこ)さんです。

吉成さんはいまから17年前、30代半ばで里親をはじめました。
実子4人を育てながら里子を迎え続け、
現在は、幼稚園の年少から小学5年生の子どもたち6人を自宅で育てています。

みなさんは、「里親」と「養子縁組」の違いをご存知でしょうか?
わたしは吉成さんと出会うまで、正直、よくわかっていませんでした。
吉成さんは持ち前の明るさで、いろんなことをほがらかに話してくださいました。
それは、わたしの知らないことの連続でした。
家庭で暮らせない子どもたちと、育てることができない親たち、彼らをとりまく様々な事情。
親の精神疾患や暴力、育児放棄、経済的な困窮……ひとりひとりに、切実な理由があります。

吉成さんは、それについて誰かを責めるわけではなく、
「ふとしたはずみで、自分も子どもを育てられなくなるかもしれないじゃない?
誰もがそう自覚し、社会のみなで支え合っていくことが大事だと思う」と話します。
わたしは、「力になりたいのですが、何ができるのでしょうか?」と尋ねました。
すると吉成さんは、こうおっしゃいました。
「まずは里親のこと、家庭で暮らせない子どもたちのことを、知ってもらうだけでいいんですよ」

それだけでいいの? と拍子抜けするかもしれませんが、
「まずはひとりでも多くの人がきちんと知り、感じ、考える。
それが行動につながって、社会を少しずつ変えていけるんじゃないかな」と、吉成さんは話します。
この記事でみなさんが里親を知り、考えるきっかけになれば、と願います。(担当:平田)


暮しの手帖社 今日の編集部